CADオペレーターの非正規雇用、年収や福利厚生、待遇は?77view

建築業界でCADオペレーターとして就職を希望していますが、募集要項がほとんどの場合が非正規雇用です。非正規雇用のCADオペレーターの年収や福利厚生、待遇面はどうですか。詳しく教えていただきたいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. fille_88 2017/02/03 11:58

    かれこれCADオペレーターで10年近く勤務しています。
    40代女性です。
    出産後の再就職の為、CAD学校に行ったのがきかっけでした。子どもに合わせ不意の休みも多くなるだろうと思い、少しでも不利にならない様に、技術を身に付けたいと考えました。今や大学の一般教養でもCAD授業がありますので、CADオペレーター人口は相当増えましたが、現在もCADは重宝される1つのスキルには間違いありません。実際処遇は他業務に比較しても良い方だと感じています。
    年収は約400万円程度です。本来キャリアが長いので設計を志していればよかったのですが、家庭を持ったり、子どもが出来たりと何度か仕事のウエイトを考えているうちに、CADオペレータが丁度良いと感じています。設計が出来れば600万以上は可能であったと思いますが、仕事と家庭の両立を考えた時にCADオペレータに落ち着きました。

    自身の業務を総括すると、設計補助という形態になるかと思います。
    設計や設計補助業務には設計用語や規格など専門知識が必要になりますし、日々進歩していくツール(2DCADも3DCAD)に順応しておかなければならないので、簡単に習得できるものではありませんが、PCツールの1つにしかすぎませんので、根気よく馴れて行けばどなたにでも習得できると思います。
    大事な事は図面の意味(本質)を考える事だと思います。何のために何の理由で、このデザインにしたのか、且つこの材料を選んでるのか。その意識が欠けるとCADオペレーターは本当にただの事務員さんと代わりません。失敗やトラブルを最小限に抑える為にも、待ちの姿勢ではなく、設計全体に目を配る事もCADオペレーターの重要な業務だと思います。
    またCADオペレーターにはスピードも要求されます。ぎりぎりまで設計構想している場合がほとんどなので、製作する為の図面をのんびり描いている時間はありません。製造しやすい様に、現場がわかりやすい様に、急いで、正確に製図します。スピードは経験が大きく左右します。自身も慣れるまではひたすら描いていました。
    最近はCADスクールも多く見られます。その受講料の高さにもビックリしますが、その分は後で十分回収できますよ。一旦CADを取得しても、就業場所や客先によって使用ツールは様々ですし、Verもどんどん上がっていきますので、CAD業界全体を見ながら継続して学んでいく事が必要になります。日々勉強ですね。しかしその分大きな達成感も得られます。図面上の物が実現物で出来た時、特に実感しますね。モノづくりに携わる事への満足感があります。心の充実も十分に得られる職業だと思っています。

ページ上部へ移動する