企業の受付、仕事でやりがいを感じたことを教えて!71view

企業の玄関口、顔である受付の仕事をしてみたいと思っています!企業受付の仕事の中で、やりがいを感じたことは何でしょうか?また、日々の業務の中でどんなことに気を付けたらよいでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. condessa 2017/04/20 14:01

    半年間ほどですが、設計会社の受付の正社員をしていました。短期退職に至ったのはプライベートの理由で急遽引越ししなければならない都合ができたためです。短いながらも私が受付の仕事で一番やりがいを感じていたことは、社内の人の役に立てているという実感を持てたことです。

    私が所属していたのは総務だったので、企業受付としての仕事と総務事務を掛け持ちする業務内容でした。企業受付としての仕事は、電話対応からお客様と自社の社員の業務に関する連絡を取り合うつなぎ役をしたり、お客様を応接室にご案内したりお茶を出したりしていました。
    応接室が満席満室になっていて総務の事務仕事も溜まっている状態、電話も立て続けになっているというときも長時間応接室を使っているときは、頃合いを見計らって適度に状況に応じてコーヒーやお茶を持っていく必要があります。
    暖かい飲み物、冷たいものどんな飲み物を選ぶのかも重要な仕事で、その空気を読み取って、タイミング良く求められている動きをすることでそれが順調にできるようになり感謝されるときにいつも喜びとやりがいを感じていました。
    多くのお客様は設計の技術関係者に会いにくることが目的ですが、受付だった私にもいつもありがとうという声をかけていただけたときも嬉しかったです。

    総務事務としては、社内の備品の発注や管理をしたりします。伝票記入や書類整理、ファイリング、書類作成、製本作業、図面折り、荷物や書類の郵送手配、郵便物の分配、他支店への事務連絡もありました。これらの仕事は全ての仕事一つ一つにおいて社内と社外両方含めて他の人がスムーズに仕事をするための業務内容です。どの仕事も一つでも間違えたり進捗率が落ちたりすれば建築士の仕事が滞ることもあります。私は人に尽くすことが好きな性格なので、どの作業量が多いほど自分の喜びになっていました。
    設計会社なのでA1サイズの図面折りと製本作業、書類作成は膨大な作業量です。これらの仕事を技術関係者に頼まれれば快く引き受けて全てやるわけですが、どれほど作業量が多くても全てやり遂げたとき、改めて感謝されることに大きなやりがいを感じていました。

    雑務と総務事務、接客を同時進行でやっていくので細かいところに気がつく力が必要な仕事でした。この仕事は、空気を読み取る努力も必要で全てのことが滞りなく順調に進んでいるときに自分が僅かながらでも役に立てているという喜びを実感できていたので、それがやりがいになっていました。この仕事は人に尽くせる人、尽くしたい気持ちが強い人に向いています。私はその性格を元から自覚していたので、大きなやりがいを感じていたのだと思います。
    質問者様も、やりがいが感じられる良い会社に出会えるといいですね。

ページ上部へ移動する