新卒採用担当の業務内容の詳細を教えてください13view

私は新卒採用の業務に興味があり、現在の会社では新卒採用を行っていないので
新卒採用を行っている会社に転職しようかどうか考えている最中です。

新卒採用というと採用計画、説明会、面接、内定という流れの業務になると思うのですが、
具体的にどんなことをしているのか、またどのくらいの期間で行っているものなのか知りたいです。
採用経験のある方、是非教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. debruyne_u 2017/03/30 16:40

    人事、新卒採用というとなんだか華やかな、スマートなイメージを持つ方が多いですが、実際は泥臭い部分も多いです。新卒採用は社内外の人と人との時間の調整でとても苦心している企業が多いのではないでしょうか。

    まず学生とのファーストコンタクトの機会となる説明会ですが、とにかく母集団を増やさなければ良い学生と出会える可能性が減ってしまいます。そこで出来るだけ学生が多く来るように何回も説明会を開く会社が多いです。弊社でも週に午前午後で2回行っている日も含め10回ほど説明会を行う時もありました。1日の就業時間のほとんどを会社説明会に使うわけですから自分の業務が終わらず終業後に残業を常にしなければならなくなってしまうこともあります。
    またメールなどでキャンセルをくれる学生は良いですがいわゆる「ドタキャン」をしてくる学生もおり、せっかく説明会の準備をしたのに誰も人が来なかったということもありました。
    また採用活動が一旦終わった後に採用計画に届かなかった場合、採用を再び行うこともあり、年中説明会を繰り返し行い自分の他の業務に慢性的に手を付けられないようなこともあります。

    また面接では社員、学生の時間の都合をつけることがとても大変です。良いと思った学生が当初設定していた面接の時間に参加が困難なことがあったり、役員が長期の出張に入っており、最終面接が遅れてしまい良い学生が他社に取られてしまうということもありました。なんとか頑張ってお互いの都合のよい時間を見つけられたとしても学生がドタキャンしたため、面接に来なかったということもあります。良い学生を採れた時は非常に嬉しいですがそこまでの道のりは決して楽なものではありません。

    内定後も内定辞退の恐怖に怯えることとなります。一番やってはいけないことは内定者と全く連絡を取らずに相手に不安感を募らせることです。内定先に対して不安を抱かせないように定期的に連絡をしたり、内定者研修を行ったり、内定式、親睦会等を開催して内定者が不安無く入社出来るように努めていきます。

    程度の差はあると思いますが、新入社員はこうした人事部の努力の結果入社してきているともいえます。質問者様が華やかさを求めて人事部を目指しているのであればこうした努力の上に採用活動は成り立っているということを知った上で転職するかどうか考えてみてほしいと思います。決して楽な仕事ではありません。でも、自分が関わった新卒社員が会社で活躍してくれる姿はとてもうれしいものです。本当にやりがいのある仕事だと思いますので新卒採用をしたいというマインドをお持ちでしたら是非挑戦してください。

  2. emden_t 2017/03/29 17:22

    現在、人事部にて5年間新卒採用を担当している者です。私からは新卒採用をしていく上で大多数の企業で使用必須となる大手採用サイトについて説明します。

    ご存じのとおりだと思いますが、企業HPなどにただ会社説明会の開催スケジュールを掲載したとしても学生は来てくれません。たとえ超大手有名企業だとしてもそうだと思います。一般的には就職採用サイトに登録し、そこから学生を募ることになります。採用サイトも学生なら無料で登録出来ますが、企業はそうはいきません。大体1年70~80万程度の参画料を求められます。そこから自社採用ページのプロフィール記入、説明会募集、個々の学生との対応等を行っていきます。

    以上が基本的な流れです。
    もう少し詳しい話をすると、採用サイトを使っていくうえで学生を多く集めるために一番大事なことは、正直に言ってしまえばさらに採用サイトに「課金」するということです。
    勿論、自社採用ページを学生の興味を惹くように編集したり、きめ細やかな対応をすることで学生を集めることは出来ますが、やはりあまり名前の知られていないような会社だと限界があります。そこで新たに課金をしてスカウトメールを打てるようにしたり、検索時の順位が上位に表示されるようにするのです。
    ここはもうオプションサービスの領域なので、これを使うかどうかは各企業に判断が委ねられます。裏を返せばこういったサービスを利用している企業は新卒採用に力を入れている企業だと思うのでそういった所に転職すると採用のダイナミックな仕事が出来ると思いますね。

    また、採用期間ですが各企業でまちまちです。超売り手市場ということもあり、中小企業ですと学生に逃げられてしまうことも多く例年以上に苦戦していた状況がありました。

ページ上部へ移動する