大企業、中小企業、ベンチャー企業の総務部の仕事内容の違い74view

事務職に転職を考えている者です。現在は営業を行っておりますが、事務職に自分の適性を感じ会社の屋台骨として様々な事務を行う総務部を志望しています。

転職活動を行っていく上で大企業~中小、ベンチャー等様々な企業を見ておりますが、企業の規模感の違いによって仕事内容(担当している仕事の範囲等)は変わってくるでしょうか。
仕事内容の違いによっては規模感によって志望動機等を使い分けた方がいいのではないかと思い質問させていただきました。よろしくお願い致します。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. dergroen_ktr 2017/03/24 20:23

    どなたも中小企業については書かれていないので、私の方で補足しようと思います。
    中小企業は確かに様々な業務を広く行うことは出来ますが、器用貧乏になってしまう可能性も孕んでいます。
    中小企業の広く浅い業務というのは単に色々な業務をかいつまんで行っている、というだけではありません。
    中小企業ですと大体社員は数百人程度であることがほとんどです。
    大企業では数千人いる社員の対応をしていきますので、社員の数だけ様々な状況に直面しその処理を行います。大企業の方が中小企業に比べ総務としてのノウハウを多く持っていることが多いので得られる知識量も変わってきます。
    中小企業の総務部は質問者様のような未経験者が転職するというよりは総務の経験のある方が転職する方が向いているかもしれません。
    総務部に入って自分のスキルを伸ばす、という方ではなく、総務部を成長させられる人ですね。
    なので、私個人としては大企業、あるいはベンチャー企業への転職をおすすめしますね。
    ベンチャー企業はキツイと以前の回答者様もおっしゃっていましたが、大企業に比べ転職し易いですし、自分で覚えていくしか無いので成長度合いはすごいものがあると思います。

  2. wijker_6q 2017/03/22 20:24

    自分は現職で大企業の総務に在籍していますが、前の回答者さんが書いていたように大企業では各部員が担当する仕事の範囲が狭く、専門性の高い業務を行っていると思います。
    かなり大きな規模の会社なので極端な例となってしまうかもしれないですが、自分の会社だと総務部の中にOB会のみを担当する部員もいます。その人達は1年中OB会事務局として業務を行い、それ以外の仕事は無いです。
    またそれ以外にも社員の出張関係の管理の担当や翻訳、通訳の担当、設備関係の担当など部の中で役割が細分化されています。社員の人数が数千人規模なので浅く広い範囲で業務をするということが難しいです。
    大企業の総務のメリットは一つの業務を深く学べるということですね。他の業務対応に追われずに一つの業務をじっくり行えるので知識も深まります。他の業務に関してもジョブローテーションで定期的に担当は変わりますので覚えることが出来ます。総務の仕事を一つずつじっくり仕事を覚えていきたい人には大企業は向いていますね。

    デメリットは総務の仕事を広く経験するのに時間がかかってしまうので、再転職したいと思ったときに難しいかもしれないということです。例えばあまり無いですが最初にOB会に配属されたとします。そこでの業務は自社では活きてきますが、他社だと必要の無い業務であることがほとんどです。そのような業務しか経験が出来てない状態では転職は中々難しいと思うのでそこは注意が必要ですね。(大企業は福利厚生、ワークライフバランス等もしっかりしていますのであまり再転職したいと考える方は少ないです。)

    お仕事をされながらの転職活動は大変なことだと思います。自分の解答が質問者様の参考に少しでもなっていれば良いと思います。頑張ってください!

  3. crommelin_9f 2017/03/21 18:26

    過去にベンチャー企業で総務を経験していた者です。大企業、中小企業の総務部で働いたことはありませんが、イメージとしては規模が大きい企業程、一人一人が一つの業務を深く行い、逆に小さい企業では広く浅く様々な業務を行っているという感じですね。
    同じ企業の規模感でもそれぞれではあると思うのですが、私が在籍していたベンチャー企業の総務部はかなり広範囲に渡った業務を行っていました。そもそも部員が2名しかおらず「広範囲の業務をやるしかない」という状況だったんですね。また、その会社には人事部、経理部というものが無かったので、総務部が人事、経理の仕事も行っておりました。
    なのでベンチャー企業の総務というのはある意味無限の可能性を秘めていると思います。
    質問者様がどう考えているかは分かりませんが、基本的に事務職志望の方はワークライフバランスを気にされる方が多いので、そういう方はそもそもベンチャー企業の総務を志望する必要は無いのかなと思いますね。業務範囲が多い分残業も多いので。

    「総務として様々な仕事を経験して成長したい!」なんて思う方であればベンチャー企業の総務は向いているのかもしれませんね。また、その際は受けようと思っている会社にどんな部署があるか確認しておくといいと思います。その分仕事の範囲は増える可能性がありますからね。
    もっとも色々なベンチャー企業がありますので、全てが全て私の経験や考えに当てはまる訳ではないですが、基本的にはこういった状況が多いと思いますのでベンチャー企業の総務部に転職を考えてる場合はご注意ください。

ページ上部へ移動する