測量会社の残業や休日について教えてください!2210view

測量会社は残業は多いですか?それと休日はどのような感じですか?

今のご時世残業がない会社や完全週休二日制の会社などはめずらしいと思います。自分が今働いているWeb制作会社も、繁忙期は毎日21時まで残業ですし、土曜日も、ヘタすると日曜日も勤務です。休みが少ないとさすがに疲れますし、他の企業はどうなのかなと気になったりもし始めます。

ところで自分の友達で測量会社で働いている人がいるんですが、彼は毎週ちゃんと休みは取れていますし、残業もほとんどないと言っています。それが本当だったらとてもうらやましいですし、自分もゆくゆくは測量業などへの転職も視野に入れて身の振り方を決めるのもいいかなと思っています。そこで実際に測量業で仕事をしている方に、実情をお聞かせいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. driessen_e 2017/02/18 2:09

    測量をやっている友達を見てうらやましく思っておられるんですね。
    わたしも若い頃はそうでした。
    大手に勤務している友人を見ると、「大手いいな」と思いましたし、高収入の友人を見ると、やはりそれもうらやましく思ったものです。
    ただ測量会社と一口に言っても、それぞれの会社で経営の仕方や状況は全然違いますので、「測量会社だから休日が…」とか「残業が…」などとは言えないと思います。

    と、前置きしたうえでわたしが今勤務している測量会社の状況をもとに質問に答えたいと思います。

    まず残業ですが、これについては多い時期と少ない時期が一年の中ではっきり分かれているというのが個人的な回答です。
    わたしの会社を例にすると、4~8月くらいは残業が少なく、12~3月は多いです。

    これは測量業の傾向として言えることですが、測量というのは大抵、公共事業として発注されるものを受託して行うものです。
    公共事業というのはどうしても国や県、市町村の予算の関係で、年度末である3月などを工期(作業を完了させなければならない期日)として定めてくるものが多いんです。
    ということは、3月が近づくにつれて忙しくなり、それが過ぎると一旦仕事も落ち着くという流れになるということです。

    残業の多さもこの業務量の波の影響を受けると考えてよいでしょう。
    わたしの会社なんかは、4~7月など本当に仕事がないため、一日中のんびりと会社で過ごしてみんな絶対に定時に帰れます。
    残業する人なんて管理職を除けばいません。
    でもその一方で1~3月は切羽詰まってバタバタです。
    残業ももちろん発生します。

    それでも、質問者様が経験しておられるような21時までの残業などはないですね。
    一応残業は19時までで、遅くともそれまでには業務を終わらせるように会社から指示されているので、夜中まで仕事ということはないです。

    休日のこともお答えします。
    わたしの会社は週休二日制ですが、完全週休二日制ではありません。
    日曜日と祝日は原則として休みで、土曜日は第2と第4のみ休みです。
    これは近隣の測量会社も一様にそんな感じですので、測量業界や建設業界の一般的な休日日数と考えても構わないと思います。

    これはつまり土曜日に出勤することも月に2~3回はあるということですが、土曜日だからといって忙しくないわけではありません。
    もちろん電話や来客が平日より少ないため仕事に集中できますが、やはり上述したような繁忙期は土曜日でも平日と同じ量の業務をこなしています。
    本心ではやはり休日が毎週2日あるのがいいなと思います。

    ただし、以上のように規定された出勤日以外の日に休日出勤するようなことはありません。
    業務は出勤日のうちに終わらせられる量です。
    もちろん自宅に仕事を持ち帰るということもありません。

    わたしの勤務している測量会社は、残業の少なさにしても休日日数にしても、比較的恵まれているほうだと感じています。
    しかしながらこれはあくまでわたしの会社の話です。
    少しは参考にしていただけるかもしれませんが、やはり質問者様がいろんな測量会社の情報を取り入れたうえで転職するか否かをご検討されるのが良いかと思います。

ページ上部へ移動する