MRの仕事内容を詳しく教えて下さい28view

高収入と言われる製薬MRについて情報収集中です。仕事内容を詳しく教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. ahl 2017/02/21 13:49

    大きく3つ挙げてみます。

    ★医師・薬剤師への情報提供
    MR(医薬情報担当者)とは、名が示す通り、医師及び薬剤師に自社薬の情報を伝え、医薬品の適正使用を促進するのが仕事です。営業という言葉こそ出てきませんが、売上ノルマのある完全な営業職です。
    ただ扱う商品が医療用医薬品というだけあり、情報の正確性、迅速性、専門性が求められる職種です。情報とは、自社薬の長所のみに留まらず、他社薬との比較、添付文書(医薬品には必須の基本的かつ重要な情報が書かれた文書。適応症、主な副作用、併用してはいけない薬剤や投与できない疾患等が記載されている)の内容及びその改訂、臨床試験の効果、関連する疾患についてなど多岐に亘ります。各訪問先の面会時間を考慮し、効率よく訪問できるようにスケジュールを組みます。そして限られた面会時間の中で医師や薬剤師に伝えなければいけないので、医師のニーズを把握し、ポイントを絞って話をします。

    ★MS(医薬品卸販売担当者)との折衝
    MRは大きく病院担当と開業医担当に分けられます。そして、開業医担当MRと密接に関わってくるのがMS(医薬品卸販売担当者)です。
    MRが医薬品の情報提供者であるのに対し、MSは医薬品そのものを提供します。MRが直接医薬品を訪問先に持参し納入することはなく、医師と価格交渉をすることもありません。これらは全てMSの担当です。MSは得意先で採用されている他社薬も扱っており、頻繁に訪問しているため、個別の実情をよく知っています。
    大抵複数の卸会社から医薬品は納入されているので、ライバル関係である各社MSと良好な関係を築き、さらに各訪問先での力関係を見極め、自社薬を売り込んでもらうのも重要な仕事です。ほぼ毎朝卸を訪問し、各訪問先の情報を仕入れます。卸会社の朝礼の時間に、各製薬会社が今月売り込んでほしい薬剤のポイントを、パンフレットを配布して説明し、MSの記憶に残るように活動します。月末には目標達成のためにMSと数字を詰め、担当先に同行することもあります。

    ★講演会・研究会・勉強会の実施
    講演会、研究会とは複数の医師を対象とした自社薬のプロモーションの場です。その分野の著名な医師を演者として招き、他の医師や薬剤師にさらに疾患や臨床試験の結果等について知ってもらう機会を設けるものです。規模は、東京などの主要都市のホテルの大広間を借り切って行われる大規模なものから、地域のドクターのみを対象とする小規模なものまで様々です。
    研究会とは複数の医師同士をつなげる場であり、お互いの情報交換の場を提供するものです。勉強会とは個々の訪問先において、主に午前診と午後診の間の時間帯に自社薬の宣伝をするもので、普段の限られた面会時間より長くきちんと話を聞いてもらえる貴重な機会です。MR自ら自社薬の特徴、臨床試験の結果等についてプレゼンを行い、質問を受けます。普段の仕事では研究会、勉強会の企画が多く、何人の医師を講演会に呼べるか、どのくらいの頻度で研究会及び勉強会を実施できるかは日頃からの信頼関係の表れといえます。

ページ上部へ移動する