夜間作業が少ないインフラ系エンジニアの業種や製品とは?19view

24時間無中断で稼働しているインフラ系システムのソフトウェアエンジニアです。
10年以上、このシステムの開発・保守に携わっていますが、年間の停止時間が数十分以内という稼働率を目指しています。当然、不具合発生時の対応もスピードが要求されますし、対処プログラムのインストールも夜間帯に実施することがほとんどです。
また、通常の開発工程においても、デバック用マシンが高価なため、開発者の人数に比べてマシン台数が少なく、実機テスト工程の半分くらいは夜間帯か休日帯に割り振られてしまいます。そのため、毎週のように徹夜勤務や休日出勤が必要になってきます。
30代を過ぎた頃から、生活リズムの乱れから胃腸の調子が悪くなりはじめました。まだ25年間は仕事をしていかなければならず、”朝起きて、夜寝る”普通の生活が送れる業種への転職を検討しています。
転職しても、職種はシステムエンジニアに決めています。システムを使っている業種を変えて、生活リズムを戻せないか、と考えています。

現在は、転職サイトなどでシステムエンジニアの採用情報を調べたりしていますが、入社以来、ずっとインフラ系システムしか経験したことがないので、どんな”業種”や”ソフトウェア製品”が、昼夜逆転しにくいのか?はたして実態はどうなのか?を図りかねています。
そこで、残業で遅くなるのは仕方ないとしても、”恒例行事的な夜間対応”などがあまりない”業種”や、”ソフトウェア製品”に携わっておられるシステムエンジニアの方から、「こういう業種は夜間対応があまりないよ。」といった助言を頂きたいと考えています。情報提供の程、よろしくお願い致します。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. meerloo 2017/03/04 15:22

    企業のオフィス等で使用される業務系パッケージ製品群でしたら、遅くても19時くらいまでの使用を想定していればいいので、夜間対応は少ないと思います。(緊急で不具合対応しなければならないことはありますが、常に昼夜逆転していることはないです)お客様からの問い合わせも、日中時間帯がほとんどです。

    でも、この種の企業向け製品の場合は、業種とは無関係に、大企業向けになればなるほど、保守のためのシステム停止が難しくなりますので、夜間や土日のメンテナンス対応が増える傾向にあると思います。
    例えば、人事管理システムや財務会計システムの場合、小規模の会社ですと、総務部の人達に、「いまから再起動しまーす!」と一声かければすむこともありますが、大企業の場合、利用者が全国支店に点在しているため、短時間であってもシステム停止は嫌がられます。
    結果的に、先方もシステム停止を告知しやすい、夜間帯や休業日にスケジューリングせざるを得なくなるのです。ただし、頻度は多くありません。私の経験では、半年に1回程度だと思います。

    これらの事情も考慮してみて、どういう製品群を開発しているのか?を転職のご参考にされたらいかがでしょうか。

  2. klumpenhouwer-h 2017/03/02 10:41

    以前、携帯電話会社の通信システム開発に従事していたことがありますが、私も夜間の対応が多かったですね。
    私の同僚で、一般家庭で使用するコンシューマー向けパッケージソフト(年賀状ソフトとかです)のシステム開発会社に転職した人がいたのですが、その人は「徹夜をほとんどしなくなった。」と言っていましたよ。コンシューマー向けパッケージ製品は、そもそもヘルプデスクが9時~17時くらいまでしか開いていないので、対応が夜間にずれ込むことは稀なのだそうです。また、修正版アップデートプログラムも、ユーザが自分の好きな時間にダウンロードするので、夜間待機のような習慣もないみたいですよ。まあ、製品リリース前は忙しいでしょうけど。
    以上、ご参考になればいいのですが。

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する