子育て中のママでも大手電子機器メーカーで課長になれますか?2view

大手電子機器メーカー勤務、現在係長30代女性です。
課長試験の推薦を貰えるように頑張っていたのですが、妊娠出産を優先させてしまいました。産休明けに同じ職場に戻れたことはこのご時世運が良いのかもしれませんが、それでも自分なりには周りの女性よりもかなり短期間で頑張って復帰したつもりです。
しかし、大幅な人事異動があり私ではなく私の上司が課長も部長も異動してしまい、復帰後の新しい上司との折り合いがあまり良くありません。
「今は子育てを優先にしていい時期、と言うことじゃないの?」と旦那にも言われてしまい、何の為に産休を満期取らずに復帰したのか・・・。

女性でもエンジニアのプライドがあります。今は産休明けのハンデで?担当機種は持たせて貰えていませんが、また前のように第一線でバリバリと仕事をして、上司に認めて貰い課長試験を目指したいと考えています。
しかしその反面、上司の考え方ひとつでこのように立場が左右されるのならば、これを機に転職を視野に入れてもいいのかな・・・とも考えています。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. devlieger 2017/03/02 17:52

    復帰してやはり若干置いて行かれたような気持になりましたか?
    妻が電気機器メーカー勤務です。最近産休復帰しました。
    今は時短勤務中なので、子供のことと仕事のことのペース配分のウォーミングアップ中と本人は口では言っていますが、ちょっとしたことがきっかけで、時短勤務の制度を使ったことが正しいのかどうか、自分のキャリアアップを考えたら取らない方が良かったんじゃないか?と悩むことが多いようです。
    真面目なんですかね。会社の制度なんだからそう割り切って、ある一定期間は時短にさせて貰って、いずれはもっと頑張る。と言うことでいいじゃない?と私が言っても、うーん。と言って、納得できていないこともしばしば。
    産休復帰後、こんな風にキャリアアップした人も居るよ、と私が具体的なアドバイスをしてやれればいいんですが、別業界なのでまったくわかりません・・・。
    ただ、転職するなら子供が小学校に上がってから考える、とそれだけは言っていました。お子さんが小学校3年生になった方が、去年突然転職して、周りもかなり驚いたようです。でもご本人は、実は以前から考えていた。と言っていたようで、態勢がようやく整って来たから、ここでもう一度本気で奮起するわ、とも話していたらしく、どうやら妻にもそれは、華々しく見えたようです。
    子育てが始まってしまうと、もうエンドレス。全てそちらを優先するしかなくて、自分は置いて行かれてしまう。と今は思っているかもしれませんが、どこかでまた、一気に巻き返せるタイミングがあると思います。

  2. strikwerda 2017/03/01 17:25

    電機メーカーの関連技術のセクションで同じく係長をしています。36歳女性です。子供が2人います。
    質問者さんの気持ち、ものすごくよくわかります。私も第一子出産後、最速で復帰した口なので。
    そして、産休明けは仕事の対応スピードが落ちたとか、処理能力が落ちたとか、周囲に絶対に言われたくなかったと言うこともあり、とても気負っていました。
    でも、物理的に授乳中はそりゃ、以前と同じようには無理ですよね。
    自分では頑張ってやっているつもりでも、周囲は頑張り過ぎを心配してくれていたようです。自分が思い描いていたキャリアアップのスケジュールが大幅に遅れてしまったような気もして、やればやるほど空回りだったな・・・と今はその時のことを自分でも第三者的に見ることができます。

    まずは一度、深呼吸なさってください。

    もしかしたら、新しい上司の方は、あなたの性格や過去の仕事の進め方を知らないこともあり、余計にあなたのことを頑張り過ぎ、肩に力が入っている、と見ているのかもしれません。アクセルをまったく踏まずに、一度ニュートラルの状態で今の自分は復帰後与えられた仕事を、自分でも納得できる仕上がりに仕上げられているか、その上で細々とした雑務や業務のmailの処理をポカミス、或いはちょっとした忘れなどなく、スムーズにこなせているか、ちょっと考えてみてください。

    やれている、と自分で思っていたことでも、かなりむりくり、ギリギリで、周りはそれを見て、今あれもこれも抱えさせたら、息切れして、やっぱり無理でしたってことになるんじゃないか?と危なっかしく映っているようには思いませんか?

    私の場合はそうでした。
    「仕事は逃げないから、でーんと構えて、徐々にエンジンふかしてアクセル踏んでくれればいいから」と直属の上司から言われてちょっと目が覚めました。
    第二子を妊娠した時は年の近い第一子も居ましたので、諦めて、と言うか腹を据えて満期産休を取りました。
    二回産休を取ったことは、昇給やキャリアアップにはやはりハンデになったかもしれません。でも、私は少し緩やかなペースになったけれども子供を育てながら、自分も成長することができたらキャリアもおのずと付いて来るんじゃないかな、と考えています。

ページ上部へ移動する