40代SE、関係会社への転職(管理職登用)について5view

電機メーカーの通信システム子会社で開発職をしています。システムエンジニア歴25年です。40代男性、役職には就いてません。
私の所属する事業部では、だいたい35才~40歳の間に課長に昇進するケースが多く、このタイミングで昇進しない社員は、スペシャリストとして開発職を続けるが、品質保証や生産管理などの他部署へ異動となる場合が多いです。(ちなみに、私の周りには50代の開発職は見当たりません。)
私は、自分でも管理職に向いているとは考えておらず、このままスペシャリストとして、開発職を続けることになるだろうとイメージしてました。

先日、仕事関係の知人から、「課長職としてうちに来てくれないか?」との誘いがありました。その会社はソフトウェア開発の作業請負をやっている中堅のシステム会社で、若い技術者を取りまとめる人材が不足しており、大~中規模のプロジェクト経験者か、リーダー経験者を探しているようでした。
自分では積極的に管理職になりたいとは思っていませんが、今の会社で、ずっと開発部門にいられる保証もないので、オファーを受けるか判断に迷っています。転職すれば、少なくともシステム開発の仕事に携わることができます。

そこで、開発職をずっと続けていて、管理職として転職・転籍された方に、”転職してよかった点・後悔した点”など、率直なご意見・ご感想を伺いたいです。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. 22deudekom 2017/03/01 1:59

    私も転職を機に管理職になった経験がありますが、残業手当がなくなったので、手取りは2割ほど減っています。しかし、勤務時間も減っていますので、問題ないですね。
    私の場合は希望して転職したので、後悔は特にありません。今の開発案件も、私が経験した開発環境とは言語もデバッグツールも全く違いますが、マネジメントしていく分には、過去の経験で何とかなるものだな~と感じています。それがわかっただけでも、よかったなと思っています。

  2. dezwaan_p 2017/02/28 7:10

    40歳の時、会社からの要請があり、関係子会社に課長職として転籍しました。担当した開発案件が同じ顧客からの仕事だったため、転籍しても開発の仕事自体は違和感なく続けることができました。

    転籍してよかった点は、以前より帰宅時間が早くなったことですかね。今の職場のほうが社員の雰囲気もゆったりしているように感じています。
    後悔していることは特にありませんが、担当しているプロジェクトの商流が1次請けから2次請けに変わったため、得られる情報量が減ってしまいましたね。あとは、上層部への報告資料の作成に時間が取られることが多く、時間が勿体ないと感じてしまいますね。

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する