広報に転職する時にに有効な自己アピール方法73view

現在転職を考えている女です。今は飲食店でアルバイトをしているのですが、正社員として働ける会社を探している最中です。自分にできるのかどうかは別として、前から気になっていた広報という仕事をしてみたいと思っています。

では実際、どういう部分をアピールすれば、採用してもらえる可能性が高くなるのでしょうか。もちろん人事的なことですし、一概には言えないということはわかっているのですが、同じ自分という人間でもアピールの仕方で結果が変わってくるのであれば、少しでも望む結果に近付きたくて。

ちなみに、今私はお店のブログを担当させてもらっています。スタッフを紹介したり、オススメの新メニューをお知らせしたり。数は多くないのですが、たまにブログを見たと言ってくださるお客様もいらっしゃいます。その反応があるのが嬉しくて、そういった仕事ができないかなと思って探したところ、広報という仕事に出会いました。
どうぞよろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. hakataben 2017/02/28 14:36

    質問拝見いたしました。
    私は採用担当者ではないので確かなことは言えないのですが、一広報担当者として、広報部が求めるのはこんな人だというのをお伝えしたいと思います。

    広報部の仕事は、社内外の人とコミニュケーションを取ることがとても多いです。基本的なことだと思われるかもしれませんが、人ときちんと会話ができること、正しい言葉を使えること、身だしなみなどのマナーがちゃんとしていることというのは絶対条件です。
    そして欲を言えば、色んな引き出しを持っていて、自分より年齢が上の方とでも良い関係を築けること。
    マスコミの方に取材をして欲しいと思っているのは自分の会社だけではありません。数ある情報の中で、仮に同じような商品が2つあったとしたら、最終的にどちらが取り上げられると思いますか?やっぱり、いつもお世話になっている○○さんのいる会社にしよう、となるんです。以前親しくしていたマスコミの方に、「実は他にも同様の商品があったんですけどね~」という話を聞いたこともあります。当然いつもそうなるとは限りませんけどね。

    質問者様の現在のお仕事は接客業のようですので、そういう人との会話力、コミュニケーション力について振り返ってみて、そこを上手にアピールしてみてはいかがですか?
    コミュニケーション力というだけでは漠然としているかもしれないので、そこで具体的なアピールポイントとして、こんな文章を書くことも得意ですよというブログの例を出してみるとか。

    あとは、あまり年齢のことを言うと失礼なのかもしれませんが、明るく元気はつらつとした雰囲気を出せるというのも若さの特権!(これはもう広報に限ったことではないですけどね。)どんなことでもがんばれるという前向きな姿勢を見せることも、転職成功の秘訣かもしれません。がんばってくださいね!

  2. laverweij 2017/02/27 5:56

    企業で広報の仕事をしています。私は入社してからしばらく別の部署に所属していて、その後の配置転換で広報部にきました。ですので、こんなことをアピールして広報に採用されました!ということは言えないのですが、実際に仕事をしている立場から何かアドバイスができればと思います☆

    質問を読ませていただいたのですが、お店のブログ作成を担当されているのですね!それって、とても大きなアピールポイントじゃないかなと思いますよ!広報の仕事にはいろいろありますが、その会社の商品をいかに魅力的に紹介するかというのも1つ大きな仕事です。商品やお店自体を紹介するブログを書かれているということは、文章を作るのが苦ではないということですよね。
    広報担当者が新聞やテレビなどのメディアに向けて発信する文書をニュースリリースと言うのですが、日々忙しいメディアの方々が相手なので、ぱっと見て即魅力が伝わるリリースを書くことが重要なんです。
    ですので、ブログという手法でこんな文章を書いて、こんな反応があり、そこに魅力を感じたのでもっと専門的に広報という仕事をしてみたい!みたいな方向でアピールしてみるのはどうでしょうか?

    広報の仕事はとても奥が深いです。大変なことも確かにたくさんありますが、それでも毎日楽しいですよ!希望がかなうことをお祈りしております☆

ページ上部へ移動する