電気工事士の経験を活かして転職するならどんな職種がいい?108view

高校を卒業してから30歳の今まで電気工事の仕事をしてきましたが、転職を考えております。
理由としては、日給が入社してから2000円しか上がっておらず、年二回のボーナスも雀の涙ほどの金額で、将来への不安を感じ始めたからです。付き合って6年になる彼女がいて結婚を考えていますが現在の収入だけではなく、この先10年20年後の収入を想像すると結婚に踏み切る勇気も出ません。彼女からも「仕事を変えれば?」などと言われています。
働き始めて12年の間に第二種電気工事士の免許は取得しました。また職種とは関係ありませんが独学で勉強をして危険物取扱者乙種4類も取りました。
しかしながら、全くの異業種へ転職してしまっては今までの経験が無駄になってしまうので、それは避けたいと思っています。職種としては一般住宅やアパートなどの新築工事、リフォーム時の配線工事をメインにやっています。時にはエアコン工事、換気扇工事などもやります。

私のような経験や職歴で、スキルを無駄にする事なく転職するとしたら、どんな選択種がありますか?参考にしたいのでアドバイスをお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. 8ytihara-bro 2016/12/29 5:56

    意外と知られていませんが、高速道路会社や鉄道関連会社でも電気工事士を募集していますよ。当然ですが、安定していますし仕事も常にあるので現在の職場のような気苦労はしなくて済むと思います。
    内容としては設備の管理や補修などに電気設備も多く使われているので電気工事士が必要とされます。中途入社の方も多く、今の職場では必要とされない電気主任技術者や施工管理技士を持っている方もたくさんいますので、スキルアップへの刺激を受ける事が出来ますよ。
    僕の主観ですが、やっぱり電気工事の仕事をずっとやってきたのであれば、職種を変えてしまうのは勿体ないと思います。電気工事の仕事で違う会社(安定した大手)を探されるのはどうでしょうか?

  2. kooten399 2016/12/27 18:11

    質問を拝見致しました。貴方の様な状況ですと確かに将来へ不安を感じると思います。
    業界的に日給月給で賞与も少ないのは、電気工事の仕事をしている方の共通の悩みかもしれないですね。会社によっては仕事がない時は休みにされ、当然給与も毎月上下してしまうので30代くらいになり辞めてしまう方も多い業界です。

    私から提案するなら、計装メンテナンスとかはいかがですか?この仕事は主に化学工場や石油工場などの色々な計測をする装置を設置したり定期点検したりする専門家です。
    計測している装置の一例を挙げるなら、

    ①温度計→配管内部の温度に異常がないか確認したり、化学製品を作る上での温度管理に使用されたりします。
    ②圧力伝送器→石油や化学原料のタンク内部の圧力を測定し危険がないようバルブ制御にて内圧のコントロールをするために使用します。
    ③流量計→配管内を流れる液体や気体の流速を測ったり、どれだけの量が実際に流れたか等を測るために使用します。
    ④水分析器→液体のPH(ペーハー)を測ったり、濁度を測ったりします。

    少しだけどんなものを扱うのか書きましたが、これらは本当に一例です。挙げればキリがない程たくさんの機器があります。
    なぜ電気工事から計装メンテナンスを紹介したかと言いますと、これらの機器の信号には電圧、電流、抵抗、パルスなどが使用されており、電気に分類される職種と呼べるからです。計装の会社によっては電気工事士や危険物取扱者の資格が必須になる会社もありますので、貴方の保有資格が活かされる職種だと思います。機器の電源には貴方もよくご存知のAC100VやDC24Vが使われているので危険性を理解している方なら素人よりも戦力になるのではないでしょうか。
    また待遇面でも今よりは職種的に優遇されていると思います。月給制の会社がほとんどですし、機器メーカーや化学工場、石油工場へ入社出来れば更に安定した将来が望めるでしょう。

    でも正直なところ電気工事の仕事と比較すると頭を使います。電気工事の仕事で使用するオームの法則レベルの計算ではなく、誤差率の計算やボイルシャルルの法則などが出てくるので最初は頭がパニックになるかもしれないですが、理解してくると奥が深くて楽しいです。
    良かったら計装業界を検討し調べてみて下さい。

ページ上部へ移動する