他の管理会社(PM会社)に転職したい。選ぶポイントは?192view

賃貸マンションの管理会社でいわゆるPM(プロパティマネージャー)をやっています。会社は土日休みですが、休日に、担当している物件に行ったり大家さんに呼ばれたり、入居者からも問合せやクレーム・業者からの問合せ対応と、結局携帯が手放せません。入社してから仕事はどんどん増えていきましたが、一度も昇給したことがありません。どこも同じような働き方なのでしょうか。
もう少し働く環境の良いPM会社に行くには、会社を選ぶ際どんなことに気を付けると良いでしょうか。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. verbruggen 2017/03/02 9:45

    マンション管理会社および他の業種の経験者でもある身としてアドバイスさせてもらいますと、転職して会社が変わればやり方が変わることも多いですが、これを機に自分の働き方を変えるというのも1つかなとも思います。
    その日のうちに自分が電話に出られなくても翌日の対応で結果的に間に合うこともありますし、何でも自分が現場に行かないと解決しないことばかりではないはずです。オーナーのわがままをすべて聞いたり呼び出されたら無理してすぐに飛んで行かなくても、直ちに担当替えになったり管理契約を外されるようなことはないと思います。自分は、休みの日に電話がきても「今日休みなので月曜に確認します」とか、「今日は出社していないので代わりに業者から連絡を入れさせます」とか言っちゃってます。
    この仕事に限らずですが、担当者が休みとか、旅行中ですとかよくある事なんで、その予定を前もってお客様に知らせておくとか、周囲に引き継いでおけるものは頼んでおくとか、みんな工夫してお互い協力すれば解決することもあるんじゃないかって思います。
    同じ立場で仕事をしていても、なぜかトラブルが少なかったり工事業者に任せていつも早く帰ってる要領の良い同僚や先輩って周りにいたりしませんか?そういう人の働き方だったり、業者との付き合い方だったりを参考にしてみてください。

  2. dalen_3s 2017/03/01 2:06

    PMの仕事って本当に大変なわりに報酬も少ないし、何もなくても誰にも褒められないのに何かあるとクレームの嵐って感じの辛い立場ですよね。賃貸マンションはテナント(入居者)の家賃滞納やクレーマーに悩まされ、オーナーには原状回復工事や修繕費用を値切られ、大変な仕事ですよねー。
    分譲マンションのPMの場合だと、管理会社は管理組合の調整ごとに追われ同様の辛さがあります。
    オフィスビル物件も少しでもミスするとオーナーからフィーはたたかれまくるわ自分の会社にも怒られるわ、テナント要望もいちいち聞いてるともう頭も痛いって感じです。

    仕事はだいたいどこも大変なので、一人あたりが担当する物件の棟数や戸数、残業手当や休日手当の有無、有給・振休消化率など、少しでも環境が整備されているところを探されるのが良いのではないでしょうか。募集要項で残業手当や休日手当ありとあっても、実際は活用されていないことも多々あるので実績や実際の取得率を聞いてみると良いかもしれませんね。

  3. kuyper558 2017/02/27 5:04

    疑問や不満に思うことは転職での面接で率直に聞いてみるのが一番では?
    現在、管理会社に在職中です。賃貸の管理会社でもプロパティマネージャーの業務範囲は会社によってけっこう違うので、具体的な仕事の流れと社内の体勢や組織について聞いてみると良いでしょう。
    例えば、扱う物件や管理している物件があるエリアなど。賃貸物件でもワンルーム物件が多いのか、ファミリー物件が多いのか、どれくらいのグレードの物件が多いか、等です。エリアや物件のグレードがわかることでどんな属性の入居者と接することになるかという事や、移動距離・時間がだいたいわかります。あと、築浅物件が多いのか築古物件が多いのかによって、設備の故障や漏水・修繕が頻発しそうかどうか等、対応の難易度もなんとなく想定できます。

    また、業務がどこまでどのように分業されているかもチェックです。管理会社によってはなんでもかんでもプロパティマネージャーがやる場合もありますが、最近ではそうでないところもあります。私が以前いた会社は賃貸物件の空室の新規募集や仲介への営業活動は、リーシング部隊がやってくれていたので経験したことがなく、転職した会社で新卒の子に教わって初めて経験しました。また以前の会社では退去時の立ち会いは自分で行っていましたが、現在の会社では原状回復工事業者に立ち会いから依頼するので入居者と直接会って折衝することがなくなりました。

    あとはコールセンターを持っているかどうか。テナント専用のコールセンターを持っているような管理会社であれば、プロパティマネージャーのメイン業務はオーナーや大家さんの対応となり、入居者やテナントの一次対応はコールセンターが受けてくれます。本当に緊急時やよっぽどやばいもの以外はコールセンターで完結するので、休みの日に担当者の携帯が直接鳴ることはかなり減ります。
    業務範囲を確認した上で、プロパティマネージャーの担当管理戸数、目標がどのような設定になっているのか等を聞いてみて、今の会社との違いやメリットデメリットを考えてみて、自分に合うところを見つけると良いと思います。

    同業他社に転職する場合基本的に仕事内容は変わらないため、人間関係や上位者との関係性への不満や、給与や待遇の改善を求めてよそへ移りたいという動機がほとんどです。企業としても、経験者は即戦力なので基本的に採用意欲は高く好意的に面接してくれると思いますので率直に話してくれると思いますよ。

ページ上部へ移動する