プログラマーの仕事について。仕事上最大のトラブルとは。38view

プログラマーになることを目標に、日々勉強しています。
プログラマーとして活躍されている方の実体験を知りたいです。
プログラマーとしてどのような仕事をされているのか、仕事上最大のトラブルと解決までのプロセス、トラブルを起こさないための心がけなど、教えて頂きたいです!

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!IT系職種の転職はお任せ!年収450万アップなど転職成功事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. ayschermerhorn 2017/02/27 8:50

    プログラマーとして6年間働いる30代男性です。顧客管理を始めとする様々なシステム構築を担当しています。
    これまで働いてきた中での最大のトラブルは、営業担当者のミスから納品一週間を目前にシステムを作り直さなければならない、という絶望的な状況に陥ったことです。

    私は正社員雇用で働いていましたが、仕事量に対して人手不足でプログラムの構築以外にも色々な仕事を並列して行っていました。

    クライアントから、こういったものを作って欲しいという要望を受注する形式ではなく、クライアントの元へ足を運び、実際の業務フローを目で見せて頂いた上で、どの工程にどのようなシステムを組み込んでいくかを社内で検討し、クライアントに仕様提案を行っていきます。この工程にこの様なシステムがあると、どれぐらい作業効率が上がりますよ、この部分にシイステムを導入すると手入力する手間が大きく減って、作業時間が短縮できますよと言った具合です。

    そこでクライアントに利便性を感じて頂ける様であれば、正式に受注スタートとして実際にシステムを組み上げていくのです。

    ただ、この業務請負の姿勢には大きなミスがありました。
    営業に向かう担当者しか、クライアントの現場を見ることはなく、社内に持ち帰ってから提案書を作製した後も、クライアントの元へ提案するのは営業担当者が担っていました。

    問題が起きたクライアントとの契約は大口契約でした。
    HPをほぼ全て作り変える、SEO対策をしてCVを上昇させる、顧客管理のシステムや商品在庫管理のシステムを全て連動させて商品購入のバッティングを防ぐなどといった、非常に多くの注文を頂きました。

    人手不足もあり、SEも不足していた為、プログラマ全員で受注された部分のどこを作るか、システム合わせはいつするかというスケジュールを組み、納期までの流れを考えます。
    HPを作り変えるということで、グラフィック担当が素材を作り上げていく度に、HPのコーディング作業も行います。営業担当者も、少しはプログラムの言語を扱える為、手が足りないときは簡単な部分を手伝ってもらったりもしていました。

    問題が起こったのは納期のちょうど一週間前です。
    システムがほぼほぼ完成し、プログラマ各自で作ったものを一つのシステムとして合体させていました。HPの素材も、グラフィック担当者達が頑張って作り上げているので、そちらが出来上がり次第、HPに組み込んでいこうと話をしていました。プログラム担当者達一同、一段落したところだったのです。

    システムをチェックしていた営業担当者が青ざめた顔をして頭を抱えているのです。
    ほどなくして、システムとHPは全て連動する必要があるということを我々に伝え忘れていたという事実を告げられました。

    このタイミングでは、システムとHPは全く別として作られていたのです。
    結論から言うと、作り直しです。

    HPそのものは問題ありませんでした。連動させるように作るには、システムのみの仕様変更で問題なかったからです。そういった仕様にすることも、もちろん不可能ではありません。ただ、納期前一週間というのは地獄でした。

    クライアントの期待を裏切るわけにもいかず、あくまで社内のミスであることもあり、1週間ほぼほぼ会社に泊まり込んでなんとか作り上げました。グラフィック担当者も徹夜でデバック作業に付き合ってくれました。あそこまで絶望的なシステム構築は、私が働いてきた6年間で初めてでした。

    結果的に、ぎりぎり納期に間に合い無事に納品ができました。作り上げられたことは誇らしかったですが、プログラマ一同社長へ直談判しに行きました。採用にも力を入れてほしいこと、このまま人手不足が続く様であれば、退職も検討するということ、営業形態は考え直してほしいということです。

    切実な想いが届いたのか、社長自ら時折プログラマの部署を覗きに来ていただけるようになりました。営業時に、プログラマも同行するという珍しい営業スタイルに変更もありました。

    だた、これが功をなしてか、システム面でのトラブルがかなり減りました。
    今年は若い新入社員も入ってきてくれました。

    色々な業務を並行してこなしてく、そんな仕事の中でも強く育ってくれることを願っています。

 

IT職種向け転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!IT系職種の転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. IT業界特化型の転職サイト「レバテックキャリア」も人気上位の常連!「マイナビエージェントIT」と2サイト併用で多くの求人をカバーできる!

  3. 年収500万以上の求人限定!高収入を狙いたい方向け!エンジニア兼任のコンサルタントが登録者の強みを引き出し最適な職場を紹介!

ページ上部へ移動する