駅員は残業代が多いと聞きましたが本当ですか?1039view

私は24歳の営業スタッフです。現在、会社の方針で定時退社が義務付けられ、なかなか基本給だけでは生活が出来ないのが現状です。

そんな時に知人から高給取りの仕事として、鉄道会社の駅員を紹介されました。会社としての信用もありますし、そこまでハードワークではなく、それでいて、残業が多いので手取りは多いとのことですが、実際のところはいかがなのでしょうか。どの求人票を見ても、残業代が入った給料が掲載されていないので、知りたいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. jansz-d 2017/02/27 4:34

    私は、鉄道業界歴17年の者です。基本的に鉄道業界の現場は手当が充実しています。会社ごとに違いがありますが、普通残業手当・休日残業手当・超過残業手当の3種類の残業手当があります。普通は通常の残業代で、通常業務の1.15倍の給与が。休日は1.25倍。月45時間を超えた分の超過残業代は2倍の手当がもらえます。残業すればそれだけの手当がもらえます。
    私も月に80時間ほど残業をしていたころがありますが、やはり手取りで40万円を超えていた時期があります。ただ体はボロボロだった気がしますが。
    それとは別に深夜手当や宿泊手当。会社によっては、駅をランク分けしていて、忙しい駅に関しては手当がもらえるなどの手当が充実しています。
    例えば、私の基本給が20万円だったとすると、通常時は手当だけで10万円はプラスされます。新学期などの定期券発売多忙時期や、年末年始やお盆の時の繁忙期などは残業が増えるため、基本給の2倍ほど手当がもらえる場合もあります。
    それだけ魅力的な給与体系の仕事ですが、地方の鉄道などは、手当が十分に支給されない場合も多いので注意が必要です。

    また、現実はとても厳しい面もお話しする必要があると思います。
    鉄道業界は厳しい職場環境で働いています。宿泊勤務は当たり前で、2泊する勤務もあります。その中で体を維持していき、職場内の関係も構築していかなければいけません。ですので、思ってるよりかはハードワークです。私も色々な方を見てきましたが、宿泊勤務が耐え切れなく辞めたり、人間関係で辞めている方をたくさん見ています。ですので安易に手当てが良いからと鉄道会社を選ぶのはおすすめできません。

    確かに手取りで考えると魅力的な仕事に違いはありません。ただ、その仕事を定年まで続けることを考えると体力や精神力を考えたときに厳しいと思います。60歳で残業80時間だと、倒れそうな職員も何人も見ていますし、実際倒れた方もいましたし。
    体力や精神力に自信があれば、会社情報で手当関係をよく確認し、受けられてはいかがでしょうか。

ページ上部へ移動する