マンション管理会社の審査担当業務に疲れました125view

マンション管理会社の新卒2年目です。現在うちの会社では投資用物件野管理を個人オーナーから受託していて、だいたい4,000戸の賃貸住戸を管理し、そこの新規入居契約の審査と事務手続きを担当しています。
物件は、都内の古い木造アパートや築年数のかなり経過したマンションがほとんどです。そのため入居者もどちらかというと格安物件を探して入居してくるような人やなるべく安く住みたい学生さん、生活保護受給者などで属性の高い人とは言えず、契約金のことでもめたり、保証会社の審査が通らなかったりすることも多々あります。
契約のすべての業務を行っているわけではなく、主に入居者や連帯保証人との契約の確認業務や保証会社への加入手続き、仲介会社の担当者とのやりとりを毎日行い、物件担当のフロント職の先輩にオーナーへの確認を依頼しながらスケジュールを決めて進めています。
毎月新規契約が60〜70件あり、全部一人で行うわけではないですが、1日100本近くの電話対応をしながらひたすら無心で審査を進めています。

仕事をしていて、入居者の希望通りに契約ができなかったり、仲介業者が約束を守ってくれなかったり1つ1つの出来事はほんのちょっとしたことなのですが、なかなか自分のペースで仕事を進められず、仕事終わりの友達との飲み会やデートにも何度か間に合わなかったこともありストレスが積もり疲弊しています。年明けから春先までは特に引越しシーズンで繁忙期なのでモチベーションを保つのも難しいです。もっと自分のリズムでできる仕事を探したいのですがどうすれば良いでしょうか・・・。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. sjschipper 2017/03/01 8:50

    「楽になりたい」だけの転職動機なら応援できない。。。
    今が嫌だからという理由で仕事を辞めるのは、今後も転職を繰り返してしまうのでしない方が良いと思う。せっかく辞めるなら、今の仕事を面倒でもやりきって一人前の審査担当としてマスターした!もう完了した!!と、自分で思えるまでやってみては?
    自分がもっと仕事を気持ちよくできるように努力や工夫はもうこれ以上できないのか?これまで教わってきたやり方に疑問を感じることは?改善できるポイントはないのか?社会人2年目ならちょうどそういう事を考える時期。成長できる時期。仕事相手が思い通りに動いてくれないのは当たり前。立場を変えれば、貴方だって誰かのストレスの原因になっていることだってあるんだから。その中でどうやってうまく仕事を運ばせるかを考えていくことが仕事の面白さ。同じトラブルが起きてもイライラしない自分、焦らない自分、怒られても謝罪して事を終息させられている自分、そのあと皆と笑って飲める自分。そこまでいければ状況が変わって見えてくると思います。

  2. ramselaar_4543 2017/02/25 13:38

    お仕事も2年目となると少し慣れてきて単調なルーティン作業に飽きてきたり、後輩もでき、自分で判断しないといけない事も出てきて責任も増えるところなので大変さもあるでしょう。
    客観的に内容を拝見した限りでは、正直に申しますと他の管理会社と比べてこなしている件数も業務内容も特別きついとは感じません。ただ、目の前の仕事に追われ自分の思い通りにできないもどかしさや不満を感じ嫌になってしまうのはとても共感できます。

    他の会社や他の仕事を探してみるのも良いと思います。結果的に幸せな転職ができるかもしれませんし、ただの気分転換になるだけかもしれませんが。今の仕事だけでいっぱいの頭を、リフレッシュしてみるのは良い事です。

    他の会社や仕事を始めれば、今の辛さからは解放されると思います。ただ、他の仕事でも他の大変さや違った新しいストレスがあります。それでも、どうせ大変ならやりたいことや学びたいことを、よりなりたい場所でやるほうが絶対耐えられますし、失うものが同じでも得るものも大きいので充実感が違います。そういう良い場所が探しても見つからない場合もあります。他の会社の人の話を聞いたり転職活動をして、改めて今の環境の有り難さに気付く事もあるかもしれません。その時はまた、審査の仕事を頑張れば良いのではないでしょうか。

ページ上部へ移動する