障害のある子どもの加配保育士としての仕事ってどうですか241view

保育士4年目です。今、私立保育園で働いていますが転職を考えており、求人情報を見たり、友人に求人がないか聞いてみたりしています。
その中で障害児加配保育士としての募集があり、待遇も今のところよりも良さそうなので気になっています。しかし、今までは乳児クラスばかりの担当だったので障害のある子どもを担当したことがありません。同じ保育園にも年長組にADHDの子どもはいますが、あまり関りもないのでどういった状態なのかもあまりわかりません。
募集が出ている保育園が友人が働いている保育園ということもあり一度話を聞きに行ってみたのですが、その子どもさんも発達障害のある子どもさんとのことでした。軽い自閉症ということで、人とのコミュニケーションが難しいことや集団での生活になじむことができないとのことでそういった面で支援が必要だそうです。4月からの採用になる予定で、その子は4月から4歳児です。友人の話では保育園の雰囲気は良いし、給料面でも今とあまり変わりはなさそうです。

そこで質問ですが、障害児加配として働くうえであまり知識などもないのですが、4月からすぐにできるものでしょうか。今、障害児加配として働いている、以前働いていた方がいればお話を伺いたいです。よろしくお願いいたします。

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. fierens_z 2017/02/25 4:21

    10年間保育士をしています。その中で2度障害のあるお子さんの加配保育士をしたことがあります。両方とも発達障害のお子さんでした。
    私も保育士4年目で初めての担当でしたが、私はずっと同じ園で働いていて子どもの現状などもわかっていたので質問者さんとはちょっと違うかもしれませんね。発達障害、自閉症といっても子どもによってほんとうにそれぞれです。でも、それは障害があるなしに関わらず子ども一人一人の個性のようなものですよね。なので、発達障害だからとあまり気負わずにいた方がいいのかなとも思いますが、初めてのことだとちょっと戸惑いますよね。

    4月からの採用だということなので、お子さんに会うのも4月初めになるので子どもの状態がわからないのも少し不安ですよね。でも、他の先生に聞いたり、クラスの担任や前任の先生に聞いてみるなどして子どもの状態を把握することがまず大切かと思います。
    発達障害がある場合、療育などに通われていることが多いと思うので、そこに一緒に行かせてもらって先生の話を聞いたり、日々の活動への支援の方法を相談することもできますよ。保護者の方とも密に連絡を取ったり、相談に乗ったりということも大事ですね。

    私は3歳児、5歳児のお子さんを担当したことがありますが、3歳児で担当した子は自閉症スペクトラムと診断されていました。会話もそれなりにできるし、軽度だったのでクラスに入っての生活もわりとできていました。時々会話がかみ合わなかったり、友だちとの関係がうまく築けなかったり、集団での活動に入れなかったりということはありましたが、性格的に穏やかな子でした。私が担当になった年から加配がついたのですが、私のことを自分の先生だと認識してくれていたようですごくいい関係が築けたかなと自分では思っています。

    担当していた中で印象に残っているのは運動会での出来事です。集団での行事が苦手だったので毎日練習に参加するのも嫌がったり、練習の場に行っても逃げてしまったり泣いてしまったりと運動会当日が不安になるほどでした。お母さんとも話をしたり、連絡帳で毎日の様子を伝えたりしながら当日、参加できたらいいし、できなくても仕方がないかなという状態でした。
    その中でクラスの担任の先生とも相談しながら少しの時間でも参加できるようにとその子にわかりやすい絵で説明をすることから始めました。自閉症のお子さんには言葉で説明するよりもイラストで説明して目からの情報を与えてあげる方が効果的な場合があるそうです。毎日繰り返し体操の形などを教えるうちに自分でできるようになり、それが本人も自信につながったようで練習では一人でもできるようになっていました。
    しかし、運動会当日はたくさんの保護者も来るので雰囲気も違うのです。環境の変化に弱い子だったのでかなりみんな不安がありましたが、なんと練習を積み重ねた体操の競技ではびっくりするほどしっかりとできていたのです。その時は嬉しくて涙が出ました。後でお母さんとも喜びを分かち合うこともできて本当に良かったです。
    他の子よりも成長はゆっくりだし、できないこともあるけれどその子なりの成長を見て行ってあげると本当にうれしいことがたくさんあります。その点はクラスの担任をしているよりも一人をじっくりと見ていけるのでいいのかもしれませんね。

    5歳児を担当していた時は、自閉症に加えて多動な面もあったので毎日追いかけっこの連続でした。お友達をたたいてしまうこともあったり、5歳になっても噛み付いたりと友達との関係に苦労しましたが、1対1でじっくり接していくと話もよくできてとても可愛い子でした。お母さんがかなり自分の子どもの障害をコンプレックスに思っている面があったのでできることを毎日連絡帳に書くようにしていました。できないことを伝えるよりもやはりできたこと、頑張ったことを伝えていく方がいいと思います。
    障害のある子の担当はクラス担任との連携も大切ですし、保護者によってもかなり対応が変わってきたりすることもあります。でも、その子にあった支援をしていくことで少しずつでも成長が見られるし、比較的ゆったりと保育ができるように感じます。園によっても方針があったりはすると思いますが加配保育士としてその子に一番いい方法を探しながら頑張ってみてください。きっと楽しいと思いますよ。

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


ページ上部へ移動する