30歳営業職、異業種から不動産売買会社への転職について41view

不動産の売買に関わってみたくて転職を希望しています。現在はまったく違う業種でインターネット広告の法人営業をしています。今の会社も未経験から入って始めた仕事なので、不動産業界は初めてですが、商品は変わったとしても営業経験を活かせるのではないか、と思っています。

できれば経験のある法人営業のような部署を希望しています。
営業職としての基本的な顧客対応や交渉スキルと、資料作成などオフィスワークの業務スキルはひと通り持っているつもりです。実務経験はないですが、宅建の資格勉強を独自でしていて、転職をしてもしなくても来年の試験を受ける予定です。
でも、ど素人であることは間違いありません。どう思いますか?
もしすぐ営業は難しい場合はどんなポジションがありますか。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. colijn_7b 2017/03/02 18:08

    「未経験でも歓迎」という募集をしていても、正直だいたいは経験者を求めています…。それに業界未経験といっても、証券・銀行など金融業界の出身者や税・法律関係の実務経験者を求めています。30歳ならぎりぎりですが、35歳以上とか40代を越えてくると、業界未経験者はエントリーしても面接まで至らない場合も多いです。。
    ただ、この業界は転職する人がとっても多く離職率も高いです。条件が良ければ他へ移るという人も多いので、各社で経験者の取り合いをしている状態なんです。特に景気の良いときはどこの売買会社も人手不足に悩んでいるのは間違いないので、挑戦してみるのは良い事だと思います。適性や意欲が高ければ売買営業にいける可能性もありますよ!

    人事的な考えだと、異業種出身の方でもスキルと経験内容次第ではマーケティングやIR、新規事業などの部門で活躍できそうです。不動産のサービスも最近はネットが進んでいますがまだまだIT化が遅れています。新しい営業(販売)方法を考えるとか、ネットでの情報サービスを充実させたいというニーズのある企業なら、現在の広告系のお仕事でWEB関係の知見をお持ちであればそのような経験を活かして新サービスを作っていくこともできるはずです。
    現在の営業のお仕事でも、企画を顧客にプレゼンテーションするようなこともされているのであれば、事務や企画系のバックオフィスで経験を活かせるお仕事をしながら不動産業界に入っていくのは悪くないと思います。こういう部署はなかなか業界内に適任の人材がいないので重宝されると思いますよ!不動産会社でも経営企画部とか新規事業部とか、人事総務部とか、営業職以外の求人もためしに見てみてはどうでしょうか。

  2. norimon 2017/02/27 6:19

    正直最初から営業職は難しいと思います。
    やっぱり売買がいちばん不動産屋という感じがして花形なイメージもあるのかもしれませんが、売買は動く金額が大きいですし、土地や建物の法律関係も複雑になります。そのため、業界の中でも仲介業や賃貸よりもいちばん未経験者のハードルが高いと思います。
    仲介業や賃貸の営業部署やそういう会社のほうが採用される可能性が高いので、そこからチャレンジしてみるのはどうですか。もしくは、不動産売買会社の中でも営業のサポート的な役割の部署などで勉強し、資格取得をしたりしてからでも年齢的にも間に合うと思います。現在の勉強をしている姿勢などは多いにアピールできると思いますよ。(どのみち売買業なら宅建資格はないとできませんので合格しているのより素晴らしいのですが)

    売買の難しさで言うと、色んな法や宅地建物の権利関係についての基礎知識が必要です。これは本を読んだりして勉強することもできますが、実際の不動産を扱って経験を積む事で理解できることがどうしても多いです。いくら知識を持っている人だとしても未経験者に任せることはなかなかないと思います。
    また、不動産業界の中でも特に売買の世界はまだまだ古いというか、昔ながらの商習慣が根強く残っているような人や会社もたくさんあります。知識や能力よりも人脈がものを言ったりすることもしょっちゅうなので、そういう部分で、業界への慣れや理解はある程度必要かもしれません。

    最近は不動産業者を取り締まる法規制も増えましたけど、見た目ばかりでなく商売もちょっと怖い人や土地転がしのようなガラの悪い業者もまだまだいます。序列や肩書きを気にするような取引業者も多いですので、実際には資格は必要ない場面でも資格を持っていることで自分への信用度が変わってしまったりもします。そのような関係者の中での立ち回り方も経験しておくと、営業で本来の能力を発揮して活躍できると思います。

ページ上部へ移動する