銀行員の転職先はやはり金融業界?それ以外で歓迎される転職先は?161view

現在地方銀行に勤めている銀行員です。法人融資営業の担当をしていますが、ノルマがきつく精神的に圧迫感を感じています。残業手当も営業職ということもあってか全額支給されることもありませんし、とにかく肉体的精神的にきついです。
銀行に入行して7年目ですが、30歳を目前に転職を考え始めました。

しかし銀行員という特殊な業界に身を置いてきたからか、転職活動にどういった企業を視野に入れていいのかがわかりません。
親しい先輩が銀行員から証券会社へと転職していきましたが、やはり銀行員が転職を目指す先として、現在のキャリアを最大限に生かすには金融業界を目指すしかないのでしょうか?
できれば金融業界以外の会社に転職したいと考えています。金融以外で銀行員が歓迎される転職先はあるのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ukaigawa 2017/02/24 19:41

    銀行員が転職を考えるときに、やはり金融業界を視野に入れる方は多い傾向にあるようです。
    私も銀行を退職するときに、せっかく銀行で学んできたことを生かすためにはやはり金融業界に転職するべきなのか?とずいぶん悩みました。
    過ぎてみるとよくわかるのですが、銀行員が転職を考えた際に金融業界しか転職先がないのか?と言うと決してそんな事はありません。銀行というお金とお客様を相手とした業務をしてきたからこそ生かせる経験や知識はたくさんありますよ。
    私は転職を考えている時、大学時代に銀行員のほかに税理士の道を目指してみたいと思っていました。
    私もやはり30歳を目前に転職を考えましたのでお気持ちはよくわかります。30歳を前にして税理士を目指すなんて遅くないだろうか?とも悩みましたが、目指すなら今しかないと決めて銀行を退職しました。
    税理士試験はとても難しい道ですので一長一短にはいかないことも覚悟ですが、現在は働きながら税理士の道を目指しています。

    私も銀行員時代は漠然と日々の多忙な業務に流されながら、まるでベルトコンベアのような業務をしていましたから、あの時代に比べて今はとても充実しています。
    やりたいことを仕事にできる人間は一握りです。しかし、自分が充実した仕事をしたいと目指すならば叶う人間も努力次第では多いのではないでしょうか?自分自身が納得し、満足した上で銀行を退職し、やりがいのある職場が見つかるといいですね。

  2. 4judith 2017/02/24 13:05

    転職先としては営業職をご希望なのでしょうか?だとすると、営業職はどの業界でも、同じように厳しい職種と言わざるを得ませんね。

    かく言う私も、銀行員から転職をした人間です。
    銀行員時代は、企業融資を担当していました。やはり私も、精神的肉体的に残業の多い上にノルマのある営業はとても厳しく苦しかった記憶があります。
    私が転職を考え始めた頃、金融業界への未練が捨てきれませんでした。競争率が高く必死の思いをして入行した銀行を簡単に辞めてもいいのだろうか?とも悩みました。
    保険会社へ転職しようか?証券会社に転職しようか?などいろいろ考えましたが、転職情報を得るため、さまざまな場所にアンテナを張り巡らせ、現在勤める商社への転職を決めました。

    現在の仕事について見て思った事は、銀行員時代に苦しみ頑張ってきた事は無駄ではなかったなと言うことです。現在は、商社の経理部門で経理事務を担当していますが、銀行と比較しても楽な仕事ではありません。残業ももちろんあります。繁忙期になると、夜中まで仕事をすることもありますが、銀行で法人営業を担当していた頃に比べ精神的には安定しています。

    銀行の営業マンでも、向いている人間とっては、向上心を持ち、目指すべき目標を定める事ができ、やりがいに燃えている銀行員もいます。やはり向き不向きは仕事においてもあるのだと思いますが、私は自分自身営業職に向いている人間ではないと自己判断しましたので銀行を退職したことに後悔もありませんし、現在の職場にもとても満足しています。
    まずは自分が何をやりたいのか?自分の性格に向いているやりがいを見つけるにはどういった職種を選ぶべきなのか?を冷静に自己診断し焦らないことが大切だと思いますよ。

ページ上部へ移動する