保育士の資格をいかして障害児の放課後等デイサービスで働きたい26view

保育士としては15年目、公立の保育園のパート保育士として勤務して3年目になります。
最近よく聞く、障害児の放課後等デイサービスのお仕事に興味を持っています。

私立の保育園で保育士として12年勤めたあと、出産を機に一度退職しました。
その後子どもを保育園に預けて、パート保育士として再び保育士に復職したのですが、子どもの担任の先生から子どもの様子を見ていて気になることがある、と言われました。お話の中には家庭でも思い当たることもあったので、3歳児検診の際に保健師さんに相談したところ、発達相談を受けることになり、その後発達障害と判定されました。

母親としてショックな部分もあったのですが、逆に「やっぱりそうだったんだ」と思うところもあり、いまのところすんなり受け入れることができています。
障害のことを調べていく中で、私の住む地域でも放課後等デイサービスがとても増えていることを知りました。
将来的にはうちの子どもも利用することになるだろうと思い、さらに調べてみたら、たくさんの保育士が就業していることを知り、「私の元に障害を抱えた子どもが産まれたのも何かの縁、我が子のためにと得た知識や経験を、せっかくだから他の子どもたちのために役に立てられないだろうか」と考えるようになりました。

そこで質問なのですが、放課後等デイサービスで働くにあたり、何か特別な知識や技能が必要でしょうか?また、どのような活動をするのでしょうか?

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. debrink 2017/02/25 10:34

    放課後等デイサービスの保育士5年目です。
    私の勤める放課後等デイサービスには、児童発達支援が併設になっています。平日の午前中は児童発達支援、午後からは放課後等デイサービスを提供しています。長期休暇や休校日の午前中は場所と職員を分けての配置で、私は午前中は児童発達支援、午後からは放課後等デイサービスで療育を行っています。
    私の職場は一日の利用人数は定員10名なので、少ない人数をしっかり見てあげることができます。だ、動きが大きく、怪我や事故などのリスクが常に伴うので、少ない人数だからと言っても決して気は抜けません。そのほか社有車を使っての送迎や添乗、おやつや昼食作りも業務の一環です。あと、普通の保育園のように日誌や出欠確認、月末や月初めには請求などの事務作業などもある場合があります。

    この仕事をしていく上で必要なのは、目の前の子どもに対して「この子のために何ができるか」と考えることや、知識やスキルを探求していく姿勢、あと体力でしょうか。きっと質問者様は、お子さんが発達障害をお持ちなので、放課後等デイサービスに通う子たちにも愛情を持って接することができるのではないかと思います。保護者さんたちも同じ境遇の保育士には話しがしやすいと思いますし、心強く感じるのではないでしょうか。

  2. rooseboom_3576 2017/02/23 13:50

    放課後等デイサービスで勤務して3年目です。
    発達障害をお持ちのお子様の育児、毎日お疲れ様です。そのような方に興味を持っていただけて、とてもうれしいです。
    放課後等デイサービスは、主に小・中・高校生の放課後または休校日に活動や余暇指導などを行います。活動はその放課後等デイサービスによって様々で、音楽療育や運動療法など特色のある療育を行うところもあれば、基本は余暇指導のように個々に合わせたすごし方で、集団または個別で過ごすところもあります。
    特別な技能は、音楽療育であればピアノ、運動療法であれば運動の指導技術などが必要な場合もありますが、それ以外は保育士としてのスキルや、障害児保育に対しての意欲があれば大丈夫だと思います。

    あともうひとつ、これは個人的な意見なのですが、子どもを個別に見れると言うことも大切だと思います。これは1対1でみる、と言うことではなく、障害名に左右されることなく、一人ひとりの性格や特性に合わせた保育を考えることだと思ってください。
    お子様が発達障害をお持ちだと言うことなのでご存知だと思いますが、障害のある子に対しての接し方や指導方法は個々により異なるので、そのことを踏まえて保育に当たらなくてはいけません。
    同じ障害名を持っている子どもがみんな同じ特性を持っているかと言われたら、そうとは限りませんからね。
    放課後等デイサービスにもよりますが、基本的には障害児保育の経験者を採用したがる傾向にあります。障害児保育のスキルもそうですが、障害児に関する知識は最低限持っている方のほうが子どもの中にすんなり入れる場合が多いからです。
    私の働く放課後等デイサービスは、発達障害を持ったお子さんがたくさん利用しています。保護者さんも、質問者様のように発達障害があるお子さんをお持ちの保育士がいたら、育児相談もしやすいのではないかと思います。
    私としては、発達障害児の保護者さんが働く場としても、放課後等デイサービスが広がるといいなぁと思います。

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


ページ上部へ移動する