砥石メーカーの営業は文系営業マンでもできますか?42view

現在転職を考えている食品関係の営業マンです。
私は新卒で現在の職に就き、それからずっと営業だったのですが、30歳を迎え何か新しいことにチャレンジしてみたいと思い、転職を考えています。
どうせならまったく違うことをと思い会社を探していたのですが、先日友人から砥石メーカーの営業職を紹介してもらいました。

早速ホームページを見てみたのですが、正直出てくる用語がまったくわかりません。それが砥石関係の用語でそもそも業界内でしか伝わらないものなのか、あるいは製造系の工場に勤めていれば当たり前にわかるのか、それさえも判断が付かない状況です。
担当の方は文系でも理系でも大丈夫だと仰っていたのですが、実際のところ、製造系工場に勤めたこともなく、理系でもない自分でもやっていくことは可能なのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. euphemia_f 2017/02/25 14:08

    砥石メーカーの文系営業マンで今年で四年目です。砥石メーカーでも文系営業はたくさんいますよ。どちらかと言えば理系のほうが多いのは否めませんが……。
    ただ仕事の内容は明らかに理系寄りになりますので、数字は全然ダメですという場合はちょっと考え直したほうがいいと思います。
    別に文系だからいい、理系だからいいということはないんですが、率直に言うと理系のほうが最初の時点では少し有利ですね。例えば仕事で当たり前に出てくるマイクロメートルって何ミリ? とか、Excelでグラフをつくることに慣れてないとか、表を読むのが苦手とか、そういうレベルでの話です。逆に言えばそのくらいの違いしかないので、一年も経てば知識面は本当に関係なくなってしまいますよ。

    あとは、営業スタイルの話でしょうかね。理論的にきっちりかっちり詰めて営業をする理系タイプの人と、人間関係で信頼を作って売っていく文系タイプの人がいます。私は文系タイプの営業マンですし、知り合いの理系の人は大体理系タイプなのかなという気がします。あくまで私見ですが……。

    質問者さんはきちんとした営業の下地があるんですから、あまり文系理系とこだわる必要はありませんよ。相手が大丈夫と言っているなら大丈夫です。文系は取る気がないのに面接はするなんて余裕は少なくともうちの会社にはありませんからね。(笑)
    後は会社の担当の方とよく相談して受けるかどうかを決めてみてください。文系理系よりも、会社があなたに合っているか。雰囲気はいいかということのほうがよほど重要です。がんばってください。

  2. dolly_1 2017/02/23 9:41

    砥石メーカーに10年勤め、営業も経験しました。
    結論から言ってしまうと、砥石には文系も理系も関係ありません。というのもかなりニッチな職種になるので、どの人も0からのスタートになるからです。
    ですので、質問者さんが文系だからという理由で落とされることはまずないと思いますよ。実際、私のいた会社にも文系の中途入社でバリバリ営業をやっている方はたくさんいました。
    またホームページの用語もわからないことが多いというのは当然ですので、それほど気にする必要はありません。ああいうのは砥石を注文したい人、つまり自社工場などで砥石を扱っている人向けに作られているので、どうしても内容は専門的になってしまうんです。

    ただ、製造系の工場にろくに入ったこともないというのは、ちょっとしたハンデになってしまうかもしれませんね。砥石のことは知らなくても、例えば自動車部品を扱っていた営業マンと、質問者さんのように食品を扱っていた営業マンでは知識の吸収効率が段違いだと思います。その辺のことはしっかりと覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
    とはいえ、全く畑違いの営業を欲しがる場合もありますので、私の言ったことを鵜呑みにして諦めることはありませんよ。あとは相手の会社とよく話し合ってみてください。

ページ上部へ移動する