フォワーダー勤務希望。海外勤務はありますか?496view

国際物流系の転職を検討していて、航空貨物代理店(フォワーダー)の営業職に的を絞って活動中です。知りうる情報においてはとても興味深く、調べれば調べるほど気持ちが固まっていきます。

所で、一つ問題なのが海外勤務です。海外に行きたいのではなく、反対に行きたくないのです。海外はもう全世界的に物騒だし、どこへ行っても危険と思えて仕方がありません。(短期の旅行では普通に行きますが・・・)
貿易の仕事で海外勤務が必須なのか教えていただけますと助かります。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 6coibana 2017/02/24 17:35

    僕はあえて”転勤も海外赴任もしない社員”を選びましたが、なぜかやる気のない社員とみなされてしまうことに憤懣やるかたない気分になりますね。決してやる気がないわけじゃないのに・・・。
    色々な事情をくみ取る救済策として選択制を取り入れているんだろうけど、やっぱり上は、僕のした選択を”向上心がない”と見ているんじゃないかなあ。

    まあ正直言って、僕は出世なんてどうでもいいし、それなりの給料でいいと思っているから、”向上心”という意味ではあるとは言えないかもね。一生懸命やるだけじゃダメなの?と言いたいですね。
    相談者君(男性だよね?)も出世欲とかあまり無いなら、就活時の面談では適当に濁して、いざ入社となったらなんだかんだと理由を述べて”海外勤務NO社員”を選択すればいいと思う。それで人生が決まってしまうわけじゃないから。
    あ、短期の出張は頻繁にありますよ。それも嫌ならCS(カスタマーサービス)を希望するしかないね。

  2. legrenzi071 2017/02/23 9:41

    うちも、海外の駐在員として送られる人はもの凄く優秀な人ばかりですわ。でも、やっぱり喜んで行く人はいません(笑)。家族の問題とか、住まいや治安、いつ帰れるのか、とか考えると滅入ってくるそうです。
    でも、日本サイドからしたら、優秀な人が海外の駐在に居ると助かるんですよね~。現地人では通じなかったり、無理難題を聞き入れてくれない所をなんとかしてくれるのが、海外駐在員です。彼らなしでは、顧客を満足させる事は不可能と言っていいでしょう。なので、ほぼ各世界拠点に一人は送りこまれていますし、数年でローテーションします。

    質問者様のレベルがどのくらいなのか存じませんが、優秀でないとこの業界への転職は厳しいし、あまり優秀過ぎても海外に送られるしで、何とも悩ましい事ではありますね。とりあえず、覚悟はしておくべきかと思いますよ。

  3. pandolfini 2017/02/22 17:45

    某フォワーダー勤務です。我が社では、”海外喜んで行きます社員”、”転勤は良いけど海外は行きたくない社員”、”転勤すらしたくない社員”が自分で選べます。当然、”海外喜んで行きます社員”が一番給料が良いです。そして、”転勤も海外もイヤ社員”が一番低いです。
    一度選んでしまったら変えられないわけではなく、社員の状況(結婚や出産、子育て、親の介護などの都合)で選択し直すことが可能です。優秀な人材はすぐに重要海外拠点に飛ばされ、3年くらいして、ダメな支店の問題解決のため呼び戻されます。そんな感じが繰り返されます。また、自ら希望して海外支店駐在を望むものも居ますし、そのまま現地が気に入って帰ってこない人も居ます。短期研修制度もあり、こちらは事前に適性試験があって英語力は必須とされています。そもそもフォワーダーの営業は、英語が話せない人はあまりいませんけど。

    相談者様は独身でしょうか?扶養家族が居れば、より多くの収入が必要ですので、”海外行き大歓迎社員”を選択せざるを得ません。それでも、優秀者の中から選ばれ、白羽の矢が立たない限り飛ばされる事はありません。選択は”賭け”、そして海外勤務は”運”ですね。

    確かにいま、海外はどこもテロリストだらけで物騒です。それが理由で海外へ出るものが減ったというなら納得ですが、実はずっと以前から入社2年目までの海外研修に希望する若い人が減っています。昔はこぞって大勢の新入社員が応募し、海外研修は狭き門だったのですが、今では定員割れです。若い人が冒険しない。これは大いに憂慮すべき事態だと思います。

ページ上部へ移動する