医療事務の将来性って?1034view

今の職場に将来の展望が見えず、転職を希望しています。
色々な仕事を探しているのですが、よく目にするのが「医療事務」です。
医療事務は女性が長く続けやすい、高齢化社会において今後ますますニーズが高まってくる、活躍の場が全国にあり、需要も多い、資格もわりと取得しやすいなど、いいことばかりが目につきます。
私は今後もし結婚・出産することがあったとしても、できればずっと働きたいという願望がありますので、働きやすそうな環境の医療事務という仕事に興味を持ちました。実際に働いている方、医療事務の将来性ってどうですか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. debruijn_m 2017/03/01 17:32

    仕事の出来るベテランさんは希少価値。でも実情は医療事務の資格だけ持ってる人の飽和状態。正社員の求人は少なく、スキルや経験がなければ、医療事務の仕事につくことさえできない。今後はますます機械化がすすむ。よって、将来性はあまりない。

  2. sanjo 2017/02/25 4:15

    電子カルテの導入がすすんでいますが医療事務がまったくいらなくなるってことはないと思います。ただ、病院も経営をしていかなければいけませんから、コスト削減のために事務を正社員から派遣に切り替えていくところは増えてくるかもですね。ネットでは将来性抜群なんてよく書いてありますが、どうなのかなぁ。経験があれば長く続けられるのかもしれないですけどね。

  3. kumnyu-wada 2017/02/22 15:09

    うーん、そうですね、質問者さんが書かれていることは半分くらいは本当だと思います。
    確かに全国どこにでも病院はありますが、果たして今後需要は増えてくるかは疑問です。
    といいますのも、最近では大きい病院であればあるほど電子カルテが導入されてきて、医療現場のオンライン化がすすんでいます。窓口は無人であることも多く、今までは診察が終わって会計で待たされることも多かったのですが、診察が終わると同時に会計の準備もできていたりもします。なんでもパソコンがやってくれるので、あまり人が必要ではないのです。
    それに医療事務ってそんなに給料もよくありませんよ。残業はほぼ毎日なのに残業代がつくことはなく、昇給もそんなに望めません。男性職員は夜勤もあるので少しはましでしょうが、この給料で将来どうやって食べていけばいいのかと不安に思うこともあります。

    医療事務にこだわらずとも、同じ病院での事務の仕事は他にもあります。
    例えばですが、今注目されているのは「医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)」です。医師がより自分の仕事に専念できるように医師の事務作業を代わりに行う事務職のことですが、診療報酬に『医師事務作業補助体制加算』という項目がありますので、この担当の職員を配置する病院は増えてきています。直接的な増収というメリットだけでなく、医師の事務負担削減をすることで、医師が患者さんにより向き合って診察をする時間がとれる、患者さんの満足度や安心感がふえるなどという効果にも期待をされています。算定の施設基準もさがりましたので、今後医師事務作業補助者は、需要が増えるかもしれません。

    医療事務の将来性はどうですかと言われてしまうとあまりにアバウトすぎて何とも答えられないのですが、先ほども申しましたようにオンライン化が進んでくるにしたがって医療事務員の需要は減少していくと思われるので、将来安泰かと言われると必ずしもイエスとは言えない状況にあると思います。しかし、専門的な知識を持っている医療事務のエキスパートの必要性はなくならないでしょう。パソコンのスキルなどは絶対条件です。

    質問者さんがずっと医療事務として働きたいのであれば、経験を積んで、自分だけの強みをみつけてください。病院に必要とされる人材であれば、ずっと長く働き続けられることと思います。

ページ上部へ移動する