外資系美容メーカーと国内美容メーカーの違い144view

美容業界での転職を検討しているのですが、外資系メーカーと国内メーカーで働き方や待遇など何か違いはあるんでしょうか?特に外資系メーカーについて知りたいです。
美容業界の大手メーカーといえば外資系メーカーが思い浮かぶのですが、新卒で入社するにはかなりハードルが高い会社ばかりでした。中途採用だと幅広く募集しているだけに新卒に比べて昇進が遅れたりとか給与体系が違ったりとか、やはり違いがあったりしますか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. dekooning-f4 2017/02/24 16:15

    外資系美容メーカーで働いていました。社風はとにかく実力主義で、何をしてでも数字を作った人が正義です。結果は数字でしか判断されませんから、プロセスなどは何の意味もなかったです。年度中に目標をクリアする、それだけです。ですから同僚も上司も必死です。有能な部下の引き抜きによる派閥争いなど、国内メーカーよりも露骨だと思います。昇進は長く在籍できれば自然とポジションが上がっていきます。毎年何人かの脱落者がいてポジションが空くのもすぐですので、実力主義でスピーディーに出世したい人には向いているんじゃないでしょうか。
    仕事自体はそれほど他社と変わらないと思いますし、美容業界自体が元々ハードな業界でもあるので、労働時間の長さもそれほど変わらないと思います。

    結論としては結果のみを追い求めて仕事をしたいなら外資系で、年単位でなくその先を見据えてじっくりと仕事を進めていきたいなら国内メーカーが合っていると思います。
    ただ、外資系は転職市場でもそれなりに評価が高いメーカーばかりなので、1社に長く勤めるということに固執しないなら若いうちに一度は経験してみてもいいかもしれません。働いてみないと合う合わないはわからないので。

  2. dervelden 2017/02/21 19:20

    外資系美容メーカーって結構中途採用で募集してたりしますよね。さすがにマーケティングや企画の部門はそれなりのハイスペックな人材向けの求人になると思いますが、営業や販売などは結構敷居の低い求人だったりします。外資メーカーのほうが特に中途で入社した人が多いように見えますね。
    でもそれって逆に言うと人材が流出しているから定期的に中途採用で補う必要があるっていう話で…。あと、一般的に知名度があるメーカーでも実は売り上げが落ち込んでいるとかで結構定期的にリストラがあったりします。

    部門にもよると思いますが、外資系メーカーと国内メーカーの間で仕事内容にはあまり差があるように思えませんでした。大きな違いがあるとすれば給料でしょうね。外資系メーカーは年に1度、前年の成績を基に年俸査定があります。実績を残していなければ即リストラ対象となります。そして次年度結果が出せなければまたリストラ対象に…というように全く気が抜けません。去年ダメだったから今年はもうちょっと頑張って…とか、そこに情は存在しません。でもその分、待遇もいいです。ざっくりですが、国内メーカーの1.5倍くらいの給料はもらっているんじゃないでしょうか。
    また、盆や正月の長期休暇が比較的長いというのも特徴です。2週間ぐらい休みを取っている人もいました。あと、多くの外資メーカーではマネージャー職への昇進の条件に英語力が必要になります。また、マネージャー職になるにもそれなりの実績を残さなければならず、40歳を超えてマネージャーに昇進できないとかなり肩身の狭い思いをし、これもまたリストラ対象に…なんてことになります。
    昇進については新卒、中途の差はありません。短期でキャリアを積むにはいいかもしれませんが、長期間に渡って働こうとなると、なかなかの実力がないと大変ですよ。ですから、長く働くなら国内メーカー、キャリアを積みたいなら外資系を私はお勧めします。

ページ上部へ移動する