信用金庫で働く女性のワークライフバランスについて352view

大学卒業後、信用金庫で働いている女性職員です。今お付き合いしている人がいまして、まだそんな話はでていませんが、ゆくゆくは結婚できたらいいなと思っています。彼も私も同じ市内に住んでいて、実家で暮らしています。

先日彼と将来について話していました。もし私たちが結婚したら、彼は私にも働いてほしいと思っているようです。働くことに関しては、私も結婚してからも仕事はしていたいと思っていますが、信用金庫のような金融機関に勤めながら出産や子育てはできるのか、不安に思います。もし難しいようでしたら、結婚を機に退職して他の仕事を見つけなくてはいけないのかなと思います。
入庫してみて初めて分かりましたが、金融機関の事務はすごく多くて、窓口が閉まった後は時間との戦いです。私はまだ2年目ということもあり事務も遅く、周りの先輩に手伝ってもらってなんとか一日を終えている状態です。もし集計が合わなかった時は、原因が分かり解決するまで何時まででも残業になってしまいます。
周りに同じくらいの歳の方で結婚した方はまだいないし、そんなことなかなか先輩には聞きづらく、相談させていただきました。よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. meinesz_492 2017/03/02 7:43

    出産や子育てって、働いている女性なら誰でも気になることですよね。就職するときなんて、会社に入ることに必死になって、念入りに企業研究したり福利厚生のところに注目したりするけど、出産子育ての実態なんて分からないです。そういう重要なところも包み隠さず教えられたら、離職する女性も少しは減っていくと思いますけど、なかなか難しいですよね。

    私は出産を機に信用金庫を退職しました。同年代の周りの子たちも、結婚して転居のため退職したり、妊娠を機にタイミングをみてやめていくことが多かったです。もちろん産休育休をとった後に復帰する方もいらっしゃいます。しかし、30代後半以上の女性職員の割合はとても少ないです。
    質問者さんがおっしゃっている通り、金融機関は窓口の営業時間が終わっても、その後の事務処理が膨大です。仕事が溜まれば残業も当たり前ですし、帰宅時間もバラバラです。
    自分一人や旦那様と二人での生活でしたら多少の残業もいいとは思いますが、小さい子供がいる間はどうしても支障が出てきます。私はどちらの両親とも同居していないので、おじいちゃんおばあちゃん達に子供の面倒を見てもらうことはできませんでした。子供が小さいうちは、自分がしっかり手をかけて育てたいという気持ちもありましたので、信用金庫で仕事をしながらではなく、一度退職することを決めました。数年間働いてきて身に付けたスキルがもったいないと思ったこともありましたが、子育てが一段落した時に考えることにしました。

    育休後に戻られた先輩が身近にいらっしゃいましたが、ブランクが少ない分、仕事を思い出すのも早く、復帰にあまり苦労されていませんでした。産後1年間はしっかり休めたし、手当てもありすごく助かったとおっしゃっていました。大変だとは思いますが、お子さんが小さい時から家庭も仕事も両立していて、とても羨ましいです。

    女性のワークライフバランスは、結婚後の環境によって変わってしまい、自分一人の意思では決められないですが、信用金庫でも仕事を続けながら出産子育てすることは十分できると思います。でも、あまり無理はしないことをおすすめします。体を壊したら大変です。もし一度退職したとしても、また信用金庫で働きたいと思えばパートからでも始められます。経験がありますから、人手不足の信用金庫から歓迎されるでしょう。
    ゆっくりしっかり考えていってくださいね。

ページ上部へ移動する