不動産再生・収益不動産販売会社への転職、キャリアップの道として正しい?6view

関東を中心に展開している不動産会社で新築マンションの売買仲介をしています。
中古のリノベーションマンション販売をしている会社の知り合いから営業部門に来ないかと声をかけてもらい悩んでいます。

今の会社は入社して5年で経験はまだまだですが、先輩の取引のフォロー等も合わせると年間10件以上の物件売買の仲介に関わり、会社への不満もありませんが、正直この仕事には慣れてきたと感じています。若いうちにもっと専門性を高められる業務に挑戦したい気持ちもあり転職も考えてはいたので、頂いた話にとても興味があります。
今後もこの業界でやっていく上で純粋にキャリアアップの道としてこの転職はありでしょうか。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. gerbrandy_y 2017/02/22 7:27

    ステップアップできると思います!仲介で得た知識・人脈・交渉力等もすべて活かせる仕事です!

    中古物件の買取り・再販業者の営業部で営業の業務サポートをしている者です。おそらく転職を考えていらっしゃる会社とも近い業態かと思います。
    うちの会社の営業マンは新卒入社以外の9割の従業員は業界内からの転職者で、うち約半数はマンション等のデベロッパー出身者で、もう半数が賃貸・売買の仲介会社出身者です。
    うちの営業の仕事は土地や中古マンション等を安く仕入れ、その物件を自社でバリューアップ工事を行い商品化し、投資家に高く売る、という仕事で、仕入れから売却するまで物件担当として関わります。
    売却先はほとんどが仲介業者からの紹介顧客なので、仲介業者への営業活動がメインとなり仲介さんとのパイプがいわば生命線になります。そのため仲介業者での経験や人脈をそのまま活かすことができとても重宝されていますよ。
    またうちの会社の場合扱う物件は10億円未満の小型〜中規模な物件がほとんどなので、仕入れ先も売り先も個人の地主さんや投資家さんの場合も多いです。仲介業者出身の方はそういった個人のお客様への接し方も慣れている人が多く応対に安心感があります。経験の浅い若手の営業マンでも元気でフットワークが軽く客先にも仲介業者にも気に入られている方が多いですね。ただちょっと事務処理が大ざっぱだったりするところがあったりするのでその辺は仲介業者のときよりしっかりとした対応ができるとさらに良いと思います。
    古い不動産の価値を創造・再生するという仕事を自らができるという面では、これまでしてきた取引仲介よりもダイナミックな経験も味わえると思うのでやりがいもアプするのではないでしょうか。

  2. norimon 2017/02/20 12:45

    不動産再生・収益不動産販売事業では、権利関係・相続・ローン・修繕等についてより広く深い高度な知識が必要に。関係者から学ぶ機会も増えます。

    現職は新築マンションとのことですのでおそらく分譲マンションの売買仲介業かと思いますが、再生事業では新築と違い築20年・30年経過したようなビルやマンションを扱います。中古物件を自らが買い、大規模修繕やリフォームをして資産価値を上げ、買った時より高く転売することで益を得る、という商売です。そのため修繕工事のため建物躯体や設備に関する知識や工事に関わる知識もある程度は必要になってきます。
    また、投資不動産の場合は物件をリノベした後どれくらい賃料設定を高くできるか等は営業の手腕にかかってきますので、不動産の賃貸相場や投資物件の収支計算・査定等の知識もある程度必要になります。金融機関のみならず、工事業者や不動産鑑定士や税理士等様々な協力者をまとめるような立場にもなりますので、これまでよりも多くの専門家と仕事をする機会が増えるでしょう。
    これらの知識を細かく自分が習得する必要はなくてもある程度どんな場面でどのような調査が必要かとかどこに協力を求めるべきかといったノウハウは身につけられますし、そういった人脈も広がると思います。
    また仲介業とは異なり、自ら売主となる取引なので、瑕疵担保責任等もありますし、企業として情報の正確さやコンプラアンスを遵守した姿勢が求められます。

    最近は空き家の問題や個人富裕層の相続税対策などで不動産投資や中古不動産再生事業は今後社会的責任も大きな役割を担っていますので、その分不動産のプロとして勉強することが必要だと考える企業が増えているように感じます。

    ちなみに、給与形態については基本給で最低水準は保たれているものの歩合給の割合も大きいところは現職とほぼ一緒ですが、仲介手数料と比べると1件の売買契約が成立したときのプロジェクト利益はインパクトが大きいので自分の成績が給与に与える影響は大きくなるかもしれません。
    今のお仕事で扱う物件の規模にもよるので一概には言えませんが、一般的に考えると収入面では現職よりは若干ハイリスクハイリターンのお仕事になるかと思います。
    まだお若いようなので、市況の良い今の時期に挑戦するには良いタイミングかもしれませんが、今の会社に大きな不満は感じていないようなので、辞める理由や辞めてまで自分にとって価値がある転職になるかどうかはもう一度検討したほうが良いと思います。家族や友人に相談してみるのも良いかもしれません。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する