薬の事が覚えられない。ドラッグストアから化粧品会社に転職した方がいい?144view

薬学系ではない一般大学からドラックストアに新卒で入社し、現在2年目になります。入社当初から薬の関係よりも、女性だからなのか化粧品のカテゴリーを任されています。実際、化粧品に携わる事は嫌いではなかったので仕事自体はとても楽しくやっています。化粧品に関する研修も出させてもらっているので、とても勉強になります。

しかし、ドラックストアで働くうえで薬の知識が全くない私としては、このままで良いのか迷っています。
後輩も入社し、先輩として薬の事を聞かれるといつも答えられないので、店長に頼っています。しかし店長も忙しいようで、毎回すぐに対応して頂けないこともあって、お客様を待たせてしまう事もありました。
今勤務している店舗には調剤スペースがなく、薬の事を詳しく教えてくれる先輩もいません。詳しくはわかりませんが、そのせいで2類までの一般薬しか扱えないと聞いています。薬ついてよくわからず、状況的にも新発売されていく薬についていけていないのが実情です。しかも、最近異動したばかりで薬の事を覚えるよりも商品の場所を覚えるだけで必死な毎日です。
化粧品のみであればある程度わかってきたので、思い切って化粧品関係の会社に転職してみようか考えています。
もしよろしければ、たくさんのご意見を参考にさせていただきたいと思います。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mo0gun 2017/02/21 12:36

    化粧品との関連性として、肌に直接触れるモノなのでアレルギー反応時その対応として薬を使用する事があります。化粧かぶれや湿疹等の症状が出た場合の対処法も、化粧品を扱ううえでは勉強したほうがいいです。こうして薬の知識も自然と身につくと思います。
    自分が好きな事に関連付けて考えていくと、意外と早く覚えられると思いませんか?
    私は勉強が嫌いでしたが、学生時代の勉強もそうやっていくと効率良く勉強できました。
    難しいからとか、好き嫌いだからとはじめから諦めてしまうよりも、まず自分の「好き」を再認識してそこから好きな事を増やす感覚でやってみたらどうでしょう?

  2. okadamaro 2017/02/20 1:02

    お話を聞く限り、上司や環境に恵まれていないと感じる時もあるでしょう。しかし、同期の他の社員もみんなそう思っているのかもしれませんよ。
    化粧品が好きだとおっしゃっていますが仕事の一つで好きと思える事があるなら、それを極めてみてはいかがでしょうか?ドラックストアで化粧品を買うことは、最近では当たり前の事ですし、売り上げとしても化粧品なくして難しいはずです。なので、店舗の中の化粧品の専門家として堂々としていても構わないと思います。

    ですが、その方向性の一つとして、やはり化粧品1つに絞って頑張っていきたいという意思を強く思うのでしたら、転職してみてもよいと思います。
    ですが、転職するに当たってまだ2年目で辞めてしまう社員をやる気があると見てくれる会社は少ないと思いますので、今の会社でもう少し考えてから慎重になる事をオススメします。

  3. dergoes 2017/02/19 8:32

    私も一般大学から新卒でドラッグストアに入社し、現在5年目になり店長という立場をもらっています。
    まだ2年目と言うことでしたが、社会人としてはまだこれからではないでしょうか。
    実際、ドラックストアで働いていて薬の知識が全くないのは問題かもしれません。
    しかし、化粧品も中身は薬と似たところもありますので、まずは興味を持ってみてはいかがでしょうか。

    ちなみに、市販薬の裏側に記載されている成分には法則性と類似性があります。なので、その似たところを見つけてポイントだけを店長に聞いてみると、忙しい店長でも少しずつ教えてくれると思いますよ。そして、まだ受けていないようですが登録販売者という薬品を扱う資格がありますので、是非勉強して受験してみましょう。
    まずは、コツコツと楽しむことから始めてみましょう。

ページ上部へ移動する