消費者金融に就職する際に保証人を立てることは一般的なことですか?301view

転職を真剣に考えているときに、就職情報誌で大手消費者金融の募集を見て採用試験にチャレンジし合格することができました。
まもなく新しい職場に就職するのですが、就職前に提出しなければならない書類が何点かあります。その中に、就業に際して保証人に署名・捺印してもらう書面がありました。私自身が借り入れをするわけでもないのに保証人をつけなくてはならないというのは、消費者金融に就業するにあたっては当然の事なんでしょうか?

また、保証人についても審査みたいなものがあるのでしょうか?友人に頼むことは難しいので父と兄に頼もうかと思っていますが「父も兄も保証人をつけなければならないなんて本当に大丈夫なのか?」と心配しています。保証人に迷惑がかかったり、保証人についてあれこれ調べられたりするのでしょうか?

就職を決めた消費者金融自体は認知度が高く、多くの方に知られている消費者金融ですので、闇金等の法律に反した会社でない事は断言できるのですが、保証人をつけなければならないことに対して少しモヤモヤしています。
実際に就業している方たちは入社にあたり保証人の書類を提出しましたか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. lynette4911 2017/02/21 17:49

    前の方も回答していますが、身元保証人は金融機関全般においては、どの会社でもつけてくださいと言われると思います。
    身元保証人の規約に個人信用情報の開示に同意するという要項があると、保証人になってくれる人自身の情報も調べられることが考えられます。
    消費者金融や銀行などは、身元が確かでクリーンな者しか採用しないと言っていいほど、人を選ぶ職種です。そのため、あなたやあなたの周りの人たちの状況も気にします。言葉が悪いですが、あなたが多重債務者でないか?ご家族に多重債務者がいないか?を気にしますし、過去に金融事故を起こしている場合、まず採用される事はありません。
    そのため、身元保証人につけた人に関しても個人信用情報の開示をしますと言った文面が織り込まれているのではないでしょうか?個人信用情報の開示とは、その人が現在借り入れをしているか?といった借り入れ全般に対しての情報がすべてわかります。

    お金を商品として取り扱うからこそ、魔がささないとは言い切れません。それがお金に困っている人ならばなおさらです。
    例えば、あなたが個人的にお金を貸すとしたらどちらを選ぶでしょうか?

    aさんは、人柄は良いけど他にもたくさんの借り入れがある。
    bさんは、表面上は無愛想で、人間的に魅力がなく思える人だけれど、他に一切借り入れがない。

    私なら表面上人間的に魅力がなく思えても、他に借り入れが一切ないbさんに貸したいですね。なぜなら、他に借金がないという事は毎月きちんと返済してくれる可能性が極めて高いといえるからです。それは、会社からしてみても同じではないでしょうか?金融機関なら尚更慎重になるのも仕方がない気がしますね。

    すでに就職が内定した後に提出する書類ですので、身元保証人書面の提出によって就職自体が取り消しになる可能性は低いとは思いますが、ご自身に借り入れ等があるのであれば早急に返済した方が良いですし、身元保証人はあくまでも借り入れがない方を選任してください。借り入れとは、住宅ローンや車のローン等は含みません。あくまでもキャッシングの借り入れがない方と言う意味です。

  2. evangeline 2017/02/20 20:00

    消費者金融に勤めています。ご心配されている保証人書面とは身元保証人に関する書類ではないですか?私も入社する際には身元保証人の書面に、保証人のサインと捺印をもらい会社に提出しましたよ。

    保証人と言うとなんだか怖いイメージがあるかもしれませんが、消費者金融だけではなく、証券会社や信用金庫、銀行など、お金をメインに商品として取り扱う職種に従事する場合、身元保証人確認書類として会社に提出するのは一般的であると認識しています。
    なぜなら、お金を取り扱う仕事というのは、絶対に間違いが起きてはいけない職場だからです。

    しかし、人間が働く場所である以上、間違いが絶対に起こらないと言い切れませんし、就業者本人が会社に損害を与えた場合、例えば横領などが起きた場合本人にのみしか連絡が取れないのは、問題を長引かせるだけで解決に至らない事は容易に想像できますので、そんな緊急事態に対して、保証人をつけることでスムーズに問題を解決させるといった意図があります。

    とはいっても、身元保証人は消費者金融のみが提出を要求する書類というわけではありませんし、お金を取り扱わない会社であっても、身元保証人をつけることを条件として就職できる会社もあると聞きます。真面目に仕事をして行くつもりで転職するのですから、身元保証人をつけるからといって自分が疑われているなどとあまり難しく考える必要はありませんよ。

ページ上部へ移動する