もっと女性が活躍出来る地方銀行へ転職したい84view

地方銀行に勤めて3年目になる女性行員です。現在は預金の窓口係を担当しています。
現在勤務している銀行に比べてもっと女性が活躍している地方銀行への転職を考えています。

3年前、私が銀行で働きたいと思った理由は2つあります。1つ目は銀行の仕事はやり甲斐がありそうだと思ったこと、2つ目は銀行が女性の能力が認められている職場だと思ったことです。
入行前、以前は男性ばかりだった地方銀行の役職も、最近では女性も支店長代理を初めとしてさまざまな役職に就くようになってきたと聞いていました。それはもちろん私の勤めている地方銀行も同じだと思い、期待しながら入行しました。

3年間働いてきて、残念ながら期待していたのと違って私の勤務している銀行では女性行員はまだまだ活躍の場が少なく、女性の昇進も少ないと感じています。せっかく昇進しても、管理職は荷が重いからと残念ながら退職してしまった先輩女性行員もいます。それを聞いた時はせっかくのチャンスを逃してもったいないと思いました。私の勤めている銀行には女性行員の活躍を推進するワーキンググループがありますが、まだ出来てから間もないのです。同じ地方銀行でも、銀行や地域によって女性行員の活躍を推進する取り組みに違いがあるのがわかりました。
女性行員の活躍や昇進を推進する取り組みが今勤務している銀行よりもっと盛んで、女性行員がより活躍している銀行に転職してバリバリ働いて昇進もしたいと考えています。ただ、そのような銀行に転職出来るかどうかの不安もあるのです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. dergrinten_s 2017/02/19 4:55

    現在、地方銀行で人事を担当している者です。
    質問者様のおっしゃる通り、最近では地方銀行も女性がより活躍出来るような状況に変わってきたことはとても喜ばしいことだと思っております。又、各地方銀行によって状況が違うことも確かだと思います。
    質問者様は銀行に勤務されて3年目とのことで、これからいろんな業務を経験していかれると思います。女性の昇進が謳われていても、勤務歴の長い女性であれば誰でも昇進させるわけではありません。仕事の能力もさることながら、まわりからの信頼や大事なお客様への対応等の全ての総合的な判断によって決まります。これからいろいろなことを吸収しながら、質問者様ならではの魅力を生かした行員且つ管理職を目指してください。質問者様がお書きになっていた、せっかくの昇進のチャンスを逃さざるを得ないような状況が改革されるような銀行の体勢づくりも大事です。

    余談ですが、男女平等が謳われている世の中であっても私は男性と女性は全く同じタイプの管理職でなくてもいいと思っています。むしろ女性の良さを生かした管理職がいてもいいと思っています。今の銀行に留まって頑張ってみるのもいいですし、転職されるのもいいかと思います。当行にはありませんが、女性行員同士の交流会がある地方銀行もあるようですから、そのような交流会に参加してみると様々な情報を得ることが出来て他行の状況もわかります。又、厚生労働省でイクボス宣言が行われ、これからもっと働く状況が改善されていくことが期待出来るかと思います。
    他の銀行へ転職する時は、正職員の中途雇用があるかどうかの事前のチェックも大事です。面接では、なぜわざわざ前の銀行を辞めてまでその銀行へ転職したいのかという理由を聞かれると思いますから、先方を納得させられるしっかりした理由と今の銀行で培ったスキルをしっかり転職先の銀行に伝えて、希望の銀行への転職出来ることを願っております。

  2. mijts-c 2017/02/18 11:50

    地方銀行に勤めて15年目になる女性行員です。
    私が勤めている銀行でも質問者様がお書きになったのと同じような女性行員の活躍を推進するグループがあり、私はその一員です。

    まず女性の昇進が阻まれる、又は躊躇われる理由は何かということを把握することも大事ですよね。女性行員がもっと活躍したいと思う気持ち、又は管理職として仕事が出来る能力があってもそれを阻んでいるのが何か、ということですね。
    その理由は各地方銀行とその地域によっても若干の違いがあるかもしれませんが、管理職としての能力が十分ある女性行員が昇進を躊躇うのは私生活の現状も1つの理由です。結婚して子育てをしながら共働きしている女性が管理職になると、仕事にかかる時間や負担が大きくなります。各ご家庭の事情もあり、昇進を諦めざるを得ないこともあります。そのような負担を減らす為の策として、負担を少しでも軽くするように残業を減らす取り組みが行われている銀行も多くなってきているようです。
    質問者様は意欲を持ってしっかり銀行の業務を学んでいく方だと思います。私個人の意見ですが、現在勤めていらっしゃる銀行には質問者様のような方が必要なのではないかと思いますよ。現在お勤めの銀行が女性にとってよりよい状況に変わる為に、質問者様のような方がご尽力されることが必要だと思います。

    そして他の銀行へ転職してもっと頑張りたい、バリバリ働きたいというお気持ちも理解出来ます。質問者様が望んでいらっしゃるような、女性も活躍、昇進出来る体勢が進んでいる銀行へ転職して目標を持って頑張るのもいいかと思います。言うまでもないかと思いますが、転職する際には正職員として中途採用があるかと採用条件をしっかり調べてください。同じ女性行員として質問者様を応援しています。

ページ上部へ移動する