制作会社のWebディレクターから、転職して発注側に回りたい173view

都内のWeb制作会社でWebディレクターをしています。まもなく4年目になります。その前はベンチャー系でWebデザイナーをしてました。(今30代前半です)
10人以下の会社なのですが、まあ忙しいです。受託案件がほぼ100%なので、結構クライアントからの無理な要望とか追加の依頼も多いです。

このままここにいても同じような受託の仕事の繰り返しかな、と思っていて正直転職を考えています。できればWebディレクターのままで発注側に回りたいのですがそのためにはどういう転職先がありますでしょうか。また、制作会社で働くのと比べてメリット・デメリットがあれば、教えていただきたいです。
もし同じような状況で転職した方がいましたら、ぜひお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. bulterman 2017/02/17 14:44

    私も、制作会社にしばらくいてWebディレクターをしてましたが、2年前に転職して今は不動産会社で社内Webディレクターをやってます。最近は制作会社以外でもWebディレクターを採用している会社も多いので、結構転職先はあるのではないでしょうか?

    私も転職するとき、ECサイトの運営会社とかいろいろあたりましたが、受託案件を多く扱っていたのはわりと評価してもらえましたよ。実績として紹介できるものが多ければ、ですけど。年齢的にもたぶんまだまだOKではないでしょうか。ただECサイトはやっぱりECの経験が必要なケースが多かった気がします。
    今は自社の不動産情報サイトの全体ディレクション、他のサイトに出す広告のクリエイティブも管理しています。基本デザインやコーディングは外部に依頼しているので、いわゆる発注側、ですかね。

    メリットはやっぱり残業が以前より少ないです。会社自体が20時にはほぼ誰もいなくなるので。制作会社にいたときはわりと夜型だったのですが規則正しい生活になりました(笑)あと、休みもわりと取りやすくてそこは助かっています。ちなみに不動産業界は水曜休みが多いですけど、私は土日の週休二日です。

    デメリットは、社内と外部の制作会社との間に立たされるので、特に社内に結構気を使います。社内で関連する人たちにいちいち説明してからでないと進められないことも多いです。人間関係を築くまでは、ちょっと大変でした。あとは制作会社の大変さを知っているので、あまり制作の方へ無茶なお願いもできず悩むこともあります。
    それと、やっぱりアクセス数とか、コンバージョンとかの目標があるのでそこをクリアしないといけないプレッシャーが大きいです。毎月の社内報告会は胃が痛いです。制作会社にいた時は基本納期に間に合わせることがメインでしたので。今はどちらかというとマーケティング寄りの仕事の方が多いかもしれません。
    ただ、制作会社にいたおかげで社内の人からも外部の制作会社の人からも信頼してもらえてると思います。発注側ならではの大変さもありますし、思ったほど自由ではありませんが、やっぱり働く環境はよくなったと思います。受託とは違った責任感で仕事ができますし、いろいろ自分なりの工夫もできるので転職してよかったと思ってます。
    デザイナーとしてのスキルもあるとのことなので、制作会社でのWebディレクター経験はすごく強みだと思います。私のような不動産系もふくめて、いろいろな転職先をあたってみてはいかがでしょうか。よい転職ができるようお祈りしています。

ページ上部へ移動する