Webディレクターとしての実績をうまくアピールするには?32view

31歳、写真関連の会社でWebディレクターをしています。数年前にECサイトの立ち上げを担当しました。まだ規模は小さいのですが売上もそれなりに上がってきています。自分の行った対策が売り上げに直結していくことが、とてもやりがいを感じます。今後の自分のキャリアアップを目指して、もっと大手のEC(A社とかR社とかのような)のような仕事がしたいと思っています。

そこで、転職活動をはじめようと準備しているところです。職務経歴書はだいたいまとまったのですが、Webディレクターとしての実績をアピールするには、ほかにどういったドキュメントをそろえたらいいでしょうか?自分がディレクションを担当したサイトの画面キャプチャー程度で説明になりますか?
うまく採用につながった事例など、詳しく教えてください!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. delen_l 2017/02/19 11:58

    私はサイトリニューアルとか、新規サイトのローンチがメインなので、企画提案とプロジェクト管理ができるところがアピールポイントなわけです。これをしっかりアピールするために、実際に使ったドキュメントがあれば早いんじゃないか?!と思いつき、資料を見せてました。もちろん見せていいところだけピックアップしましたよ。例えばサイトリニューアル提案のときにプレゼンで使った資料。現状分析と競合分析をまとめたものとか、リニューアルのコンセプトや目標設定、その後の運用フローなんかも入れていた資料を利用しました。
    あとはプロジェクト管理の能力を示すために、プロジェクト概要がわかるものとか、スケジュール表やタスク表、あとはプロジェクト体制図なんかの資料を用意したこともありました。

    でもこういう資料って当然ながら社外秘な部分が結構あるので、豊〇市場の資料じゃないですけど、結構マスキングしてましたね~。あんまり消しても意味不明なので差し支えない内容にちょっと書き替えたりとか。さすがに面接で会社の機密事項を漏らしちゃう人扱いされたらマズいですから!まあこんなことできますよ、的なことがわかるイメージ的な感じで見せてました。
    とはいいつつも、あくまでこういうのは補足資料ですからね。言いたいことはちゃんと面接で語るべし。結局このおかげかどうかわかりませんけど今の会社に転職できて、前よりも大きなサイトのプロジェクトを担当できるようになりました!雑な書き方になっちゃいましたけど、参考になればうれしいです。

  2. renooij-h 2017/02/16 4:21

    これまでにWebディレクターとして2回転職経験があります。
    1回目は転職サイトで探し、自分で応募しました。このときは、書類選考の時点で実績となるサイトを教えてくださいという指示があったので、公開されているサイトのURL一覧を送りました。その時点で非公開のサイトもあったので、それについては画面キャプチャーをPDFにして一緒に送りました。
    面接のときにも一応プリントアウトしたものを持参しました。
    実はいつも緊張するタイプなので面接はあまり得意ではないのですが、資料を見せながら話すことができたので、わりと話しやすかったのはよかったと思います。ですが、あくまで話をするためのネタのような感じでした。紹介したサイトについて、どういうところを重視したか、どういう立ち位置でディレクションに関わったのか、どういう提案をしたかというような話になったように記憶しています。あとはディレクションするときに使ったサービスやアプリケーションは一通り記載しておきました。

    2回目は某転職エージェントを使って転職したのですが、エージェントの方から「できるだけ数字で実績をあらわすほうが先方に伝わります」というアドバイスをもらいました。そのため、サイトのアクセス数やコンバージョン数について「〇%アップさせた」ということを各サイトの説明資料として、サイト画面イメージとあわせて記載するようにしました。〇件アップしたという書き方だと、あまりに数字が小さいと成果としてしょぼく見えてしまうと思ったので、なるべくパーセントを使って表すように心がけました。あまり数字として出せないような案件もあったのですが、悩んだ結果そこは思い切って省きました。
    このときは何社か面接まで行けたのですが、どこの会社でもたいていその部分について質問されたので、やはり効果があったのではないかと思います。ECサイトであれば、売り上げをどれだけアップさせられたかが一番はっきり実績として出せる数字だと思います。売上金額をオープンにするのが難しいようであれば、サイトを立ち上げてから1年で売上〇%アップ、というような感じで資料に載せることが先方にとって一番わかりやすい方法だと思います。

    職務経歴書の方では、それまでの経験とそこで得たスキルを主にまとめ、さきほどの実績数字については別途添付資料にしました。一緒でもよいかもしれませんが、分けたほうが説明しやすいと実感しましたので、別々の資料にしていました。

ページ上部へ移動する