食品・医薬品関係の残業状況について。6view

今の仕事はとにかく残業が多くて、月80時間以上は珍しくないです。しかも、残業申請し難い雰囲気がある為、実際の半分程度しか申請していないのが現状です。
ネットなどで調べると、残業ゼロ&業績Upを実現した会社もある様で、うらやましい限りです。
現在興味があるのは食品・医薬品関係ですので、その分野で実際にお仕事されている方の残業状況や、自分の時間の捻出方法についてお聞かせ頂ければと思います。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. lynette_4 2017/02/12 12:35

    食品製造業の研究部門に勤めています。
    研究部門はどの業種も同じかと思いますが、テーマが個人毎与えられているので、自分のペースで進められる事が最大の良い点です。
    反対に、期日にまでに時間が無ければ、代わりにやってくれる人は居ないので、徹夜してでもやり遂げる必要があります。
    また、そうでなくても、24時間で観察する様な実験の場合も同じです。
    この様に1回の残業が1日の労働時間以上の場合は、残業代では無く代休という形で処理し、端数分は残業代として申請します。
    日々の残業は、はやり研究職は残業ゼロという人は居ませんが、ある程度自分で調整が可能です。
    例えば、「今日早く帰りたい」というケースでは、当日の予定調整には限度があると思いますが、1週間の内で早く帰りたい曜日が予め分かっていれば、1週間のペース配分も自分で調整できます。
    また、定刻で早く帰りたいから、朝早く出勤する様な人も居ます。この形態は、家庭を持っている人に多く見られます。朝定刻出勤しても、どうせ子供達とは朝食の時間が合わないので、ならば夕食は一緒にという考えの様です。実は、私もそうです。
    独身者でこの形態を採っている人は、アフターファイブを楽しみたい人ですね。

    それと、私の会社では100%車通勤ですので、朝早い方が渋滞がないというメリットもあり、1時間位掛かる遠方の人は、この理由の人が多いです。
    当然、朝早出した分も残業申請できますので、早起きが苦手ではない人には結構メリットが多いと思います。
    こんな出勤形態が出来るのは、限られた職種だけかもしれませんが、少し視点を変える事で時間を上手に使えるという点では、ご参考になるのではと思います。

  2. 3kathryn 2017/02/10 19:00

    食品製造部門に携わっています。一口に食品・医薬品と言っても、やはり会社によって大きく違うと思うので、一つの参考としてですが、僕の所属している製造部門で言えば、交替勤務なので基本的には残業などありません。残業代は無いですが、その代わりに交替勤務手当が支給され、自分の時間も結構作れるという意味では良い条件かもしれません。

    但し、製造現場は生き物なので、いつトラブルが発生するか分かりません。その時は終点が見えない残業が有りますが、年1回有るかという頻度です。僕の会社では、トラブル対応での残業も申請できますが、他の会社の話しで、「トラブル=自分達のミス」という定義で、申請対象外という会社もある様です。
    確かに、「単純な操作ミスなどは対象外と言われても仕方なし」という感じはありますが、そんなミスも組織的な教育が徹底していない事が原因と考えれば、一概に個人的な責任だけとは言えないと思います。
    また、トラブルは予期せぬ機器の不調によっても発生する訳なので、そんな事まで個人の管理責任というのは、明らかにおかしい事です。

    それと、休みについてですが、勤務時間もシフトにより異なり、土日共休日となるのは2か月に1度程度なので、友達と遊んだりするには時間が合う機会が限られるという欠点はあります。逆手に取れば、平日に出掛けられるので、混雑は回避できるという利点もあります。
    一番困る事は、習い事など決まった曜日の決まった時間帯の事ができない事だと思います。
    まあ、どんな事にも一長一短あるので、何を優先するかだと思います。

ページ上部へ移動する