食品関係勤務の方、辞めたいと思った時はどの様な時ですか?89view

建設関係の会社に勤務して8年になりますが、仕事の忙しさも不規則な為、
自分の予定が立て難く、そろそろ転職を考えています。
ですが、今後転職を繰り返す様なスパイラルにはハマりたくないので、少なくとも現在自分が不満に感じている「不規則ではない仕事」というイメージから、製造業を考えています。
その中でも安定している食品関係を希望していますが、どの職業でも「辞めたい」と思える様な壁に直面する事はあると思うので、実際に同種の仕事をされている方にその経験についてお聞きしたいです。
また、その時をどうやって乗り越えてきたかも教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. rbnumineyu 2017/02/17 12:41

    私は、生産管理という部署に所属している者です。
    生産管理と聞くと、何かをコントロールしている様で偉そうに聞こえますが、とんでもありません。営業から依頼してくる製造数量に対して、製造現場と調整した上で製造計画を立てるというのが主たる業務ですが、これが大変でして、営業と製造の板挟み状態なのです。
    分かり易く言えば、営業は「売れているから増産しろ!」、製造は「いっぱい、いっぱいだ!」と言った感じですので、その平行線をどこで交わらせるかです。
    製造業である以上売ってナンボなので、営業の要望には極力答えるべきという認識はありますが、人件費削減を背景に、製造部門も以前に比べ一人に掛かる負担が大きい状況で作業している事を考えると、あまり無理な事は言えないのです。

    この様な事は日常茶飯事ですが、一番困るのは、製造現場にトラブルが発生して製造停止状態になった時です。
    営業からは、「再稼働はいつだ!」と頻繁に催促があり、一方で在庫量の確認、稼働予定で発注していた資材等の調整やらで、頭がグチャグチャ状態になります。それでも誰も労いの言葉一つ掛けてくれません。
    そんな時、「辞めてやるー!!」と心の中で叫んでいます。
    現在もこの状況に変わりはありませんが、家庭を持っている身としては、心の叫びを声に出す勇気はありません。何とか続けていると言った感じですが、本当に定年まで頑張れるか?

  2. janie_b 2017/02/10 18:47

    僕は、食品会社の製造部門に勤めている者です。
    先ず言える事は、現在の仕事に不満を持っている時は、他の仕事がとても良く見えるので、少し時間を掛けて考える事だと思います。その上で参考になればと思います。

    僕の部署は4班3直で24時間運転しており、通常製造では、毎日決まった作業を繰り返す形で、月1回or年1回別の非定常作業が発生します。
    そうですね、僕も入社して15年になりますが、本気で辞めたいと思った事は2回程あり、理由としてはそれぞれ別です。
    一つは、24時間の勤務形態だから起きる事ですが、連続して運転している為、必ず次の班への作業申し送りという事が発生します。自分達の班で何が終了して、次の班が何をしなければならないかを明確にする事が目的です。
    しかしそれがクセモノです。例えば、1日の作業の種類がA→B→C→Dとあるとして、通常なら1直班はBまで終了しているのに、Aまでしか終了していなかった場合、申し送られた2直班はその分作業が増える為、不満が生まれます。作業が遅れたのには理由があるのですが、それを説明しても、人によっては不快感を露わにします。そんな事が度重なると、人間関係まで悪くなって行きます。
    ある時、僕の班の作業が遅れた事があり、その申し送りで、僕の班長が次の班長に責められたのを見た時は、本当に嫌になりました。

    もう一つは、製造現場では必ず起こり得る作業ミスです。
    これは、僕自身が起こしてしまったミスのです。
    ある液をタンクに受け入れる前に、タンクの排出バルブを開けて水洗した後に液を受け入れるのですが、水洗後バルブを閉にせずに液を受け入れてしまい、多量の液を流してしまいました。
    損害は数百万円という大きいミスで、その時は「もう仕事を続けられない」と思いました。
    その後、上司が自ら「始末書」を作成し、工場長への謝罪・説明をした結果、僕個人への処分はありませんでした。処分が無かった事ではなく、上司の事をとても尊敬した瞬間で、「こんな人になりたい」という思いで、今の仕事を続けられています。

ページ上部へ移動する