出版業界に転職を考えていますが、給与体系はどうなっていますか?91view

現在、某大手広告代理店に勤務している30歳の男性です。広告を作ったりデザインを生み出したり、キャッチコピーを考えたりといったクリエイティブな部署を希望していたのですが、入社以来8年間、ずっと希望とは違う営業畑を歩いてきました。

営業の仕事にも慣れ、自分で言うのもなんですが、上司の評価も高く、ほかの同期よりも一足早く係長を任されています。しかし、私の希望は大学時代以来、一貫してクリエイティブな仕事なのです。

一度、上司に「給料が下がっても良いから制作の仕事に異動させてください」と直談判しましたが、まったく相手にされませんでした。ついこの間、他の先輩社員に聞いた話では、私が今いる会社では営業から制作への異動はほとんどなく、20年前に1人いた程度だということです。要は、私はこの会社にいては、自分の希望が叶えられるあてがないということです。

実は私は幼い頃から本が好きで、学生の頃は漠然と「作家になりたいなぁ」と思って、大学時代は文芸サークルに所属していました。後に、自分の才能のなさを痛感して、せめて本に関わる仕事がしたいと思って就職活動では大手を中心に、出版社を回りました。ひとつ小さな出版社から内定をもらいましたが、給料の低さや出版業界の先行きが不安になり、「出版社ではなくても広告代理店ならモノを作ったりすることもできるか」と自分を納得させて現在の会社に入社した経緯があります。

私も今年で30歳になります。営業畑でクリエイティブな実績が残せないままでは、この年齢は出版社への転職はラストチャンスかと思います。ただ、ネックになるのが収入です。今は800万円程度もらっていますが、できれば同等か収入が減るにしても一割減くらいで抑えられればと思っています。

普段の営業での仕事でも実感していますが、ニュースなどで「出版不況」などと言われる度に不安に思ってしまいます。今現在、出版社に勤めていらっしゃる方にはとても失礼かもしれませんが、給料への不安が拭えないというのが正直なところです。実際、出版社での給料はどのような感じになっているでしょうか。率直なお話をお聞かせいただければと思います。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. vivienne_8 2017/02/10 18:56

    大手企業の漫画編集者です。
    現在は相談者さまの書いておられるように、出版不況で、それは最近まで盤石と思われていた漫画の世界でも同じことです。

    現在、私はある漫画雑誌の副編集長ですが、年収は1,000万円程です。編集長クラスになれば1,500万円くらいにはなるのではないでしょうか。しかし、私は給料の良さなど実感したこともありません。収入の管理はすべて妻に任せていますし、何より使っている時間がないのです。
    それほど毎日の時間に余裕がありません。それは私が、週刊漫画誌を作っているということもあるのかもしれませんが、他部署の多くの同僚からも収入がどうのなどはあまり聞かれません。
    相談者さまが求められている収入は、私の会社では叶えることができるかもしれませんが、それは会社で実績を挙げて、ある程度以上の立場に立った場合のみを言えると思います。

  2. 5randreatti 2017/02/08 17:37

    中小規模に属する出版社で働いています。

    厳しいことを言うようですが、私が面接担当でしたら、あなたは採用しません。文面からしか分かりませんが、そしてこちらが転職の相談サイトという側面があるにせよ、やりたいことも曖昧で給料の話しばかりに終始しています。

    あなたもおっしゃるように、いま出版業界はスマートフォンの台頭、電子書籍、活字離れなど様々な難問を抱えています。ですが、私はこの業界に未来は必ずあると信じています。ただ、それには一見、突飛とも思えるような企画力、そして少々の問題があっても突き進む突破力が、これからの時代になくてはならないものだと私は考えています。
    逆に、それを備えた人と面接で会えた時には、ぜひ一緒に仕事をしてみたいを思うでしょう。

    あなたも、本当に出版業界に就職したいのならば、そのあたりを突き詰めて考えて、磨いてはいかがでしょうか。率直に言うと、今書かれている年収は現在のところでは、うちのような規模の会社は提示することはできません。もし年収を人生の目標に考えているなら、転職は止めておいた方が良いと私は思います。

ページ上部へ移動する