CAをしていて、機内で絶体絶命、最悪の出来事に遭遇したことはある?272view

客室乗務員に転職希望のものです。
今も接客業をしておりますが、いろんなお客様がいるな〜理不尽なことで怒られるし、接客って難しいな〜と日々感じています。

客室乗務員として働いていても毎日様々な出来事があると思います。日頃働いていて厳しさはありますか?絶体絶命のピンチだったことや、危険な目に遭われたようなことがあれば教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. q6kumnyu-wada 2017/02/06 17:28

    元客室乗務員をしておりました。8年間乗務していて、危険な目にはほぼあっていないですが、私が担当するフライトの機内に爆弾を仕掛けたという電話が東京の本社に入り、その事実を上空フライト中に知り、爆弾探しをした経験はあります。お客様にはバレないように、笑顔で、平静を装い爆弾探しをしました。
    私はキッチンの担当でしたので、ゴミ箱の中から全てあさり爆弾がないか捜しました。客室を担当していた同僚はお客様に不安な思いをさせないようにと、笑顔でキャビン巡回をしていました。結局爆弾らしいものは見つからずでした。私も心の中では半分くらい、「いたずら電話だろうな」とは思っていましたが、もしかするとどこかに設置されていて、着陸と同時に爆発したらどうしようと思っていました。なので、目的地に到着した時のランディング時はかなり緊張したことを覚えています。
    結局着陸時も何事も起こらずに、いたずらだったようですが、着陸する瞬間は生きた心地がしませんでした。

    滅多と大惨事になるような出来事は起こりませんが、危険と隣り合わせに仕事をしている、安全運行第一という気持ちで日々仕事をしておりました。
    航空業界勤務というと華やかなイメージが先行するでしょうが、かなりの肉体労働で体を酷使し、保安要員としての心意気がないと務まらない仕事であることは確かです。
    目指されるのであれば、覚悟を決めて目指してくださいね。華やかなイメージだからCAになりたい、かっこいいからCAになりたい、ちやほやされるからCAになりたい、、、だけでは務まらない仕事です。現実はそんなことはないんです。

  2. valerie3958 2017/02/03 14:23

    はっきり言ってお客様に一言申し上げたいようなことも日常茶飯事です。クレーム対応をしていても理不尽なんだよな〜って思うことも多々ありますが、ぐっと我慢しております。お客様と張り合うようなことはしません。申し訳ないと謝り、誠意をまず見せます。その後にやんわり自分の意見を言えるような時は言いますが。。。ほとんどはご意見頂いたことに感謝して終わりますね。
    いちいち気にしていても身が持ちませんので、フライトが終われば忘れるようにしています。
    もちろん自分が失敗をしてお客様に不愉快な思いをさせてしまった時は、反省もし、自分の学びとします。
    しかしながら、理不尽なことで怒られる、ご意見されることも多いのは事実です。

ページ上部へ移動する