パソコン教室勤務者の切実な悩み・・・216view

私の仕事は、専門学校での講習、企業講習、市町村講習、パソコン教室でインストラクターをしています。2000年に妊娠を機に、2001年の出産までの間に、これからはパソコンが必須と感じ、パソコンの講師の資格を取得しました。子育てとの両立が必要なため、時間給のパート契約とし、現在に至ります。

2000年頃には、Windows98を一般ユーザーが使用するようになり、一気にパソコンブームとなりました。その頃は、市町村、一般企業のパソコンスクール、ハローワークの基金訓練、企業研修など、ニーズが多かったため、仕事は引く手あまたにありました。受講者は社会人多く、理解力がある人達の講習でしたので、とてもやりがいがあり、一つでも多くの事をレッスンしたいと思い、常に新しい資格の取得や、勉強も楽しく行う事ができました。趣味と実益をかねてという感じです。

しかし、2010年を過ぎた頃から、団塊世代と呼ばれる方々のリタイアに乗じて、60歳以上の方々の講習が増えていきました。その頃の60歳代の方は、パソコンとは無縁の中で仕事をされてきた方がとても多く、すんなり受け入れられない方が多い状態でした。特に役職にあった方は、身体を張って仕事をしてきた事に自負があり、決裁以外は部下に任せるといった仕事をしてきたため、なかなか馴染めない状態の方々がとても多かったです。又、リタイアする前の役職などを引きずったまま、授業を受けるので、プライドが高く(特に男性)理解できない事は絶対に口にだしませんし、基礎や入門という言葉を嫌いますので、なかなか上達できない事が本音です。

そこから5~6年たち、団塊世代リタイアの方々が、70歳代になったこの時期、パソコンの講習は、ほとんどがシニア層になりました。そのため、市町村では高齢者向けの講習や、一般のパソコンスクールは、脳トレなどを講座で設けるようになりました。30歳代までは、ほとんど学校でパソコンスキルは習得していますし、主婦層は自分に投資する程、経済はよくなっていません。よって、パソコン講座の受講生は、60歳~80歳代がメインとなりました。

最近のパソコン教室でよくおこりがちな問題はまさにこの年齢層が関係しています。いままで、パソコンインストラクターとして仕事をしてきましたが、今では半分以上が介護職となっています。しかし、介護の資格は持っていないため、ご高齢者に対しての対応がなかなか上手にできません。受講する側も、デイサービスとして活用される方々が多く、高齢者同士のトラブル(先生がひいきしている云々)が絶えません。協調性がない方に関しては、ご家族に相談する事も多いのですが、認知症に対してのグレーゾーンの方は、国の補助も受けられないので、毎日せっせと教室へ送り届けてしまい、数時間も受講させておく人が多いというのが現状です。

本来のパソコンインストラクターの仕事である、新しい事への挑戦や、資格取得がストレスのため、思うようにいかす困っています。

同じような現状を感じているかたいらっしゃいますよね?このままではいずれパソコン教室は何かしらの問題が発生すると感じています。パソコン教室の仕事に将来性はないのでしょうか?是非意見交換したく思います。。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. shihori 2018/03/11 3:18

    一年以上前の質問なので、もうご覧になっていないかも知れませんが、私の意見を投稿しておきます。

    私の勤めている教室は、県内ワースト1・2の年収の低さと品格のなさで有名な地方都市です。
    だからなのか、高齢な生徒さんもわがままな方が多くて、教室の規則は無視・予約時間は守らないなど日常茶飯事です。
    ご家族に連絡しても、「認知症が始まってるから、本人の好きな様にさせてやって~」で終わります。家族からすると、家にいてくれない方が楽なんでしょうね。おむつをはいて、バスで1時間かけて来られる方もいらっしゃいます。
    質問者さんの気持ちがてにとるようにわかります。

    ここからは個人的見解ですが、地方都市のパソコン教室は、介護職も兼任する様になるでしょうね。近隣のタクシー会社の運転手さんは、ヘルパー資格を持った人が多いのですが、同じ様になりかねないです。
    今の様に教室で待ちOFFICEやタブレット・スマホだけを教えていても、ターゲット層はどんどん高齢化して自分では動けないかたが増えて来るので、介護タクシーをインストラクターが運転し、客を集め、授業をして、また送り届けるようになると思います。

  2. hawking 2017/02/02 11:54

    へー、そんなことになってるんですね。。高齢化怖いですね。。

ページ上部へ移動する