編集者って具体的にどんなことをするんですか?56view

24歳の女性です。私は、昔から本や雑誌、漫画などの紙媒体が大好きでした。新卒採用試験の際も、できるだけ本に近い仕事をと思い、出版社をはじめ、編集プロダクション、書店などを中心に試験を受けましたが、すべて玉砕してしまいました。
運良く、地方銀行に採用されて現在2年目ですが、年々編集者への憧れは強くなっている状況で、今でも第二新卒枠はまだ諦めていません。第二新卒での入社試験を受けることができるのは新卒後3年までなので、年齢的にももう後がないということで、遅まきながら編集者という仕事がいったいどういう仕事なのかを必死で研究・分析し始めました(遅いということは重々わかっています。すみません)。

自分でも色々な資料や本を読んだりしていますが、実は編集者の仕事というのが実際まだよくわかっていません。また、学校やサークルのOBで編集者をしている方がいて、何回か訪問させてもらったりしているのですが、自分の考えを瞬時にまとめることが苦手で面談が終わった時には、自分が聞きたかったことが何も聞けていなかったという状況に陥ってしまっています。
これも編集者としては良くないことだと思っているのですが、一つ一つ納得できないと次に進めないという面倒くさい性格なのです。自分自身でも持て余しています(泣)。
こんな性格の私ですが、インターネット上ならば、時間に関係なく自分の思いを存分に相談することができるうえ、回答の方もゆっくり咀嚼をしながら理解することができるので、書き込みをさせていただきました。

現在編集者だよという人はもちろん、過去に編集者をやっていた、ライターやカメラマンなどの仕事を通して編集者の仕事をつぶさに見ていたという方はぜひとも、編集者という仕事がどういう仕事なのかを教えていただければ嬉しく思います。よろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. 90panarello 2017/02/02 18:52

    私は現在、編集者歴12年目です。編集部にて採用担当もしている関係から、質問者の方はもちろんのこと、このサイトを偶然読んでいる方もぜひとも出版業界への就職・転職を考えていただければと思い、僭越ながら自分なりの回答をさせていただきたいと思います。

    編集者の仕事は自分としては、「交通整理」の仕事がメインと考えています。もちろん、良い企画を出すことは雑誌にとって一番有益なことなのですが、そうそう良い企画が1人の人間からポンポン生まれるわけはありません。
    まれにそういう人がいますが、その人はいわゆる天才編集者と呼ばれるような人なので、現時点では考える必要はないででしょう(もちろん、そういう人を目指して精進することは当たり前です。私もそういう人になりたいと勉強の毎日です)。まずは、仕事をするうえで「こいつは使えるな」と上の人から認めてもらうことが大切です。

    次に、紙面を組むレイアウト(どの写真をどの大きさでどの位置に配置するのか、文字の大きさや色など)も大切な仕事ですが、それは慣れていくうちに段々とできるようになるものです。心配しないでください。
    先ほど、交通整理が重要と申しましたが、交通整理とは、取材を受けてくれる人やインタビューをする人、写真を撮る人がそれぞれ気持良く仕事ができる環境を整える、ということが最初の重要な仕事です。

    ライターから記事、カメラマンから写真が送られてきたら、記事と写真のチェックを行います。修正して欲しいポイントがあれば、適宜伝えて修正してもらいます。この時に、自分の担当ページに対して確固たる信念のようなものがなければ、的確にダメ出しをできません。それは私自身もいつも注意していることのひとつです。
    あがってきた素材をページに組み込んだ後に行うことは校正です。字が間違っていないかや写真の色を見たりするのが校正作業になります。雑誌の場合、これには一番時間と労力をかけることになります。

    校了時期(間違いが絶対ないという状況にもっていって、印刷に回す時期のことです)になると、編集部の忙しさもピークに達します。編集部全員で、間違い探しをやって家に帰るのは早くても日付が変わった後という具合なので、この時期は一番精神的にも肉体的にも厳しい時期になります。

    ただ、校了後に刷りたてのインクの香りのする見本誌が出来上がってきた時には、何者にも代えがたい達成感があります。さらに、書店などで自分が作った雑誌を読んでいる人を見た時やSNSなどで各記事をシェアしてもらった時など、得も言われぬ快感を感じることができます。こういった時は「作って良かったぁ」と心底実感できます。それがやりがいと言えばやりがいですね。

    長々と編集者の仕事について、お話してきましたが、だいたいこんな感じで毎日を過ごしています。
    仕事は大変ですが、とてもやりがいと達成感を感じることができる仕事ですよ。質問者さんもぜひ、面接や入社試験など頑張ってください。

ページ上部へ移動する