テレビ業界のADの将来性について261view

将来テレビ業界で働きたいと漠然と考えています。

テレビ業界といっても色々な仕事があると思いますが、アシスタントディレクターになったら、その後の将来設計はどのような道があるのでしょうか?
あまりテレビ業界の仕事に詳しくありません。ぜひ教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. shauna 2016/12/05 9:29

    アシスタントディレクターは、将来的にディレクターかプロデューサーになる道があると思います。どちらにしても、かなりの経験が必要になってきます。もちろんまずはアシスタントディレクターを続けて、経験を積んでいくことが大事になってくると思います。

    そしてもう一つ大事なのは、アシスタントディレクターでいろいろな方面の方々と人脈を作っていくのが早道ですね。人脈は大事ですよ。人脈はこの業界では必要になってくると思います。あきらめずがんばってくださいね。

  2. e8passeri 2016/12/02 7:01

    アシスタントディレクターからの将来設計ですが、やはりまずはディレクターを目指すべきだと思います。そのためのアシスタントディレクターです。
    私の周りもアシスタントディレクターはほとんどディレクターになっていますよ。もちろんやめていく人もたくさんいますが。
    どんなかたちで働くにしても、まずは続けること、これが大切です。

  3. philippa 2016/12/01 2:51

    僕はテレビ業界に入ってまだ間もないですが、回答します!

    テレビ業界にもたくさんの仕事があります。ディレクター、プロデューサー、音声スタッフ、技術スタッフ、美術スタッフ、編集スタッフなどなど。
    アシスタントディレクターからの将来設計だけど、なんでもなれるんじゃないかな。その時、やっぱりディレクターでやっていきたいと思えばなればいいし、思ったより番組の編集作業が合ってると思ったら編集スタッフだってなれるし。いろいろな可能性があると思うよ。なんでもなれると思うよ。
    だから最初からこの道に行こうなんて道を決めちゃうのはどうかなって思う。

    やってみて、将来どうするかを決めるくらいの気持ちでいいんじゃないかな。自分に何が合うのか、いろいろ挑戦してみて、やってみないとわからないと思うし。そこで意外にこんな仕事もあるんだって気づくと思う。
    だからまずはアシスタントディレクターになって、いろいろな仕事に関わってみるのはとてもいいと思うよ。

    アシスタントディレクターはとても大変な仕事だけど、絶対楽しいはず。続ければ自分の将来設計が見えてくるはず。可能性は無限大ですよ!がんばってください。

ページ上部へ移動する