アニメーションデザイナーから制作進行への転職を考えています。27view

新卒でアニメーションデザイナーになって3年の20代女です。最近制作進行への転職を考えています。

アニメーションデザイナーはとてもやり甲斐があるのですが、とにかく残業時間が長く、時々徹夜もありでこの先体力的に厳しいかなと考えていたところ、知り合いから制作進行として転職しないかと誘われたためです。条件だけなら業務時間もお給料も今より良いですし、映画の案件も多いので魅力的なのですが、仕事内容の話を聞いてもイメージが湧きません。
実際、アニメーションデザイナーからの制作進行ってどんな感じなのでしょうか?どなたか経験者のお話が聞きたいです。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. lauro029 2016/12/27 6:14

    まさにアニメーションデザイナーから制作進行に移行した者(男)です。制作進行になって3年が経ちます。確かによくある流れですよね〜(笑)ですが、制作進行とアニメーションデザイナーは全くの別の業種と思った方がいいです。求められるスキルも全然違います。そこの理解がないと転職後辛いですよ。私がそうでした。

    制作進行の仕事がどんなものかと言えば「進捗管理と接渉業務、ただし大きな決定権は無い」これに尽きると思います。ただ、やっかいなのが、制作進行の業務内容が会社によって本当に幅が違うんですよ。業務内容が曖昧なところも「実際仕事何してるの?」と思われてしまうんですよねぇ…。なので、私の仕事を説明します。

    まず、「進捗管理」これは納期に向けてデザイナーの仕事が順調に進んでいるかサポートする仕事です。サポートの内容は、足りない素材は無いか、デザイナーが手すきにならないよう、今担当の仕事が終わったらやってもらう次のタスクの準備を常にする、全体で話し合いが必要そうな問題点があればミーティングの準備をする、などですね。
    日々、デザイナー1人1人と向き合いコミュニケーションをとっておくことが大事になります。なので、デザイナーの方だと一人で黙々作業することが好きな方もいるので、このような人が制作進行になるときついと思います。

    次に「接渉業務」ですが、これがストレスが大きい仕事です(笑)大きな制作会社であれば他部署と、外注ならばその外注とのやりとりになると思いますが、やりとりの内容が大抵「スケジュールが間に合わない」なので、言われる側になっても言う側になっても心苦しいです。
    言われる側の場合、可能な限りデザイナーにしわ寄せが来ないよう調整できるかが制作進行の腕の見せ所ですが、時々どうしてもデザイナーに無理なお願いをして残業をしてもらうことになるので非常に心苦しくなります。言う側の場合は単純に怒られるので、できるだけその怒りを鎮めるのが大事になります。
    大きな決定権は無いので(値引きするから納期を伸ばして、等お金に関わることなど)ひたすら謝ります。何度も間に合わない!なんてことになると、会社として信用を失いますからとにかく言う側には回らないよう、時にはデザイナーに厳しくすることも必要です。

    上記が仕事のメインになると思いますが、さらに、進行管理のツールとして、エクセル(関数)やワードなどのスキルも必要になると思うので、これらのオフィススキルを習得する心構えが無いとどんどん仕事がたまります。

    ざっくりと以上になりますが、どうでしょうか?げんなりしてしまったでしょうか(笑)ですが、制作進行として経験が積めれば、ディレクターやプロダクションマネージャーといったワンランク上の仕事への道が開けますし、仕事全体に関わる業務なので、完成した作品が世に出た時の満足度は、ほんの1部を担当するデザイナー業務より高いかもしれません。
    私は最初転職した時は本当に苦労しましたが、慣れてしまえば結構楽しくやれています。参考になれば幸いです。

ページ上部へ移動する