ジュエリーデザイナーの専門知識の必要性13view

私の知り合いが社会人からジュエリーデザイナーを目指しているのですが、素人目にみても専門知識がかなり必要で、結構ハードルが高いのではないかと感じています。ジュエリーデザイナーの専門知識の必要性って実際どれくらいなのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mcmahon 2017/01/09 20:01

    ジュエリーデザイナーは専門性の強いデザイナーであであり、働くためには専門知識が必要です。もっと言えば、ジュエリーデザインの知識だけでなく、ジュエリー、貴金属業界全体の知識が必要です。ジュエリーデザイナーは、大手以外の会社において、ほとんどが他の関連業務を兼業します。そのためには必ず専門知識が必要になってきます。もちろん、デザイン業だけに特化する場合でも必須な知識もあります。以下にざっと挙げます。

    ・宝石に関する知識:石の名前と産地やその特性。たえば硬度など。ダイヤモンドの4Cも必須。誕生石など。
    ・金属に関する知識:金属の性質。配合比率。
    ・ジュエリーの構造に関する知識:つくり全般。使いやすいかどうかも。
    ・ジュエリーのデザインのアイディア出し:アイディアの出し方からラフ画の書き方など。
    ・ジュエリーのデザイン画の書き方:道具の使い方から、技術まで。完成イメージのしやすいデザイン画を描く。
    ・設計図の書き方:道具の使い方から、技術まで。職人に伝わりやすい方法など。
    ・原型に関する知識:作り方など。
    ・キャスト(鋳金)に関する知識:鋳造の仕方など。
    ・販売に関する知識
    ・仕入れに関する知識

    などです。ほとんどが、ジュエリーに特化したことであり、他のデザイナー業では身につかず、すなわち他の分野に応用が効きにくいです。そのため、異業種からの転職を考えている場合は、事前に勉強しておくと有利です。もちろん会社によっては上記以外の知識も必要です。

    専門知識が学べる学校としては専門学校が一番良いでしょう。また、資格取得のための本も出ていますので、それを熟読するのもひとつです。また、会社によっては研修制度がしっかり整っており、入社後でも勉強させてもらえることもあります。しかしながら、それ以前に身につけておくと、仕事がスムーズに行えます。

ページ上部へ移動する