地方の中小印刷会社の実態を知りたいです。448view

印刷会社への転職を考えています。大手二社(DNPと凸版)についてはいろいろな情報を目にしますが、私が転職を検討しているのは地元の中小企業です。社員規模が50人から100人くらいの会社だと、他の質問で出ている大手印刷会社とはだいぶ違いますか?
仕事内容や社内の風潮の傾向などがあれば教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. denza 2016/12/22 17:20

    大手なら、福利厚生もしっかりしていますし、有給もわりと取れます。労働組合などもありますよね。度々ニュースにもなる産休、育休問題についても、ある程度の意識はあるでしょう。

    100人未満の会社だと、しっかりしている会社ももちろんありますが、昭和の意識で止まってるような会社もあるのが実態でしょう。
    起業当時から何十年ずっと働いている流行りの分からない印刷オペのおじいさんが何人もいたり、上司の機嫌をうかがって夜遅くまで帰れなかったり、理由もないのに有給が取れなかったり、産休育休の前例がなかったり...ってな感じです。

    仕事の内容としては、会社の規模が小さくなればなるほど、オールマイティーである必要性が生じてきます。営業スキルもデザインの知識も必要で、忙しい時には製本部の助っ人に入るみたいなこともあります。
    こういう会社で働いていると、波風立たせずに社員と付き合う対人スキルは磨かれるかもしれませんね。狭いコミュニティで敵を作ったらやりにくくって仕方ないですから。

  2. mercedes 2016/12/21 17:11

    現在働いておられる会社に別段問題がないのなら、あえて中小の印刷会社に転職するメリットはあんまりありません。大手であれば平均的かそれ以上の給与は保証されると思いますが、中小ではかなり給与が安いと思います。給与が少ないがために毎日残業をしている社員もたくさんいます。おすすめはしません。

    地方の印刷屋で50人規模だったら、家族経営が大きくなってきたタイプの会社が多いです。そういう所の印刷機や製本機などの機械はだいたい年季の入った古いタイプが多くなってると想像できるのですが、この先印刷会社として生きていくには、そのうち設備の入れ替えをしていかなくてはなりません。その体力がある会社というのは限られてきます。
    印刷物自体の受注数は減少傾向ですし、一案件あたりの単価もどんどん下がっています。売り上げを伸ばしていくには会社として方針を転換するような大きな舵きりが求められてくると思いますが、今ある全部の中小印刷会社がそれをできるとは思えません。近い将来、何もできないまま多くの会社が淘汰されていくと思います。会社選びは慎重に。

ページ上部へ移動する