物流事務(配車事務)の仕事を早く覚えるには?3246view

物流事務の仕事について教えて下さい。
物流事務(配車事務)として入社しましたが、色々覚えることが多く、わからないことだらけで不安な気持ちで一杯です・・・。どうすれば仕事を早く身に付けることができるでしょうか?良い方法があれば教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. rbhutson 2016/12/18 12:46

    配車事務の仕事を覚えるのは正直、結構大変です。大変な種類が本当に幅広い意味があります。
    まず、配車は配送ルートを組まなくてはならないので、各配送方面の土地勘が絶対的に必要になります。当然ですが、例えば「大阪の梅田まで配送してほしい」といった案件があった場合、梅田がどこかわからなければ話になりません。
    所属する会社の配送エリア(守備範囲)の広さにもよりますが、物流会社の人間にとって片道100km以内は近所です。トラック自体が大きいのでタクシー運転手のようなその町その町の裏道に詳しくなる必要性は全然ないのですが、最低限度「高速道路の各ICと距離感」「国道」「主要県道」に関する知識・感覚は必要です。そしてこれらは地図とにらめっこをするだけでは絶対に身につきません。トラックを運転する必要はないので、乗用車でも良いので自分でその道を”一発で覚えるつもりで“走ることが土地勘を身に付ける一番の方法だと言えます。
    またこの時、普通の車を運転するスピード感覚で走ってはいけません。営業車両であるトラックは法令順守です。高速道路は時速80km、一般道は時速50kmまで、最高速指定のある道路は必ずそのスピードで走って下さい。でないと正しい距離感・時間間隔が掴めなくなります。配車事務は現役のドライバーが現場を退き、そのまま事務員となるケースも多くあります。そういった方は現場での経験を活かし、その養った感覚を元にルートを組み上げているのです(もっとも現場上がりの方は管理やお客様との交渉・折衝が苦手という方も多く、上手くいかないケースも多いのですが・・・)。

    次に配車は各運転手をまとめる役目を担います。つまり運転手との円滑な関係が求められます。先ほど言った現場上がりのケースは年齢的にもかなり上のケースが多く、また在籍年数も長いことから立場的に強い場合が多いのですが、未経験で事務として入った場合は周りのドライバーはみんな年上ということも珍しくありません。
    私が入った会社では「運転手が“あいつ(配車)がいうことだったら無理してでもやってやる“と言われる配車になれ」と最初に言われました。先ほどの土地勘の話でもそうですが、ドライバー達は自分達を使う立場の配車担当を本当によく見ています。楽をしていれば厳しい態度で、逆に一生懸命仕事をすれば何とか助けようと動いてくれるようになります。どんな仕事でもそうでしょうが、まじめに努力している人は周囲が放っておかなくなりますから、コツコツと頑張ることが一番だと思います。

ページ上部へ移動する