不動産デベロッパーに転職して海外事業に携わりたい!655view

不動産デベロッパーに転職して、海外の事業に関わりたいです!

・海外事業担当として転職することはできますか?
・海外赴任できますか?
・語学力はどれくらい必要ですか?英語だけで大丈夫ですか??

教えて下さい。よろしくお願いします!

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. nzwhight 2016/07/20 17:34

    さらなる事業展開を視野に、海外事業を展開しているデベロッパーは多いです。そのため、現状すでに海外展開している不動産デベロッパーにおいては、希望さえ通れば、海外事業に携われる可能性は極めて高いです。
    ただし、単に海外事業に携わりたいという願望だけではなく、実際に語学力を高めたり、海外の不動産事情に精通したりすることを求められるため、決して簡単な道ではありません。

    また、初めから海外転勤を視野に入れた求人というのは、極々稀なケースとなります。基本的に不動産デベロッパーの収益の多くは日本国内であり、それほど多く海外に人材を派遣していないのが実情ですので、海外に派遣することを前提とした求人はなく、あくまで地方転勤と同じ括りであると捉えておいてください。入社後は異動願いや相談等で海外で活躍したい旨をしっかりと伝え、それらを実現しましょう。

    また、たとえ語学力に長けていても、実際にデベロッパーでの勤務経験がない場合はあまり目に留まることはありませんが、語学力がなくとも海外で勤務した経験や外国人との仕事経験があれば、この上ないアピールになります。
    先ほど書いたように、海外派遣の求人は少ないものの、それだけの経験や実績がある場合は、少なくとも外国とのやり取りや外国人向けの仕事を任される可能性が高まり、求人にはなかったような仕事に就けることもあり得ます。
    また、デベロッパーの仕事経験はなくとも、とにかく海外とつながっていたいという方は、ご自身の海外での経験や知識をもって、どのように貢献できるかをアピールすることが、海外事業へ携わる大きな近道となりえます。

    いずれにせよ、応募段階で「海外への興味」という部分を存分にアピールすることが人事への印象付けとなり、今後の仕事に大きく影響してくることとなります。

ページ上部へ移動する