製薬会社での女性の待遇71view

製薬会社での女性の待遇について詳しい方いらっしゃれば教えて下さい。やはり男性社会なのでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. mogg 2016/11/07 14:18

    私なりの意見を下記にまとめてみました。

    ○<以前より高くなってきている女性の仕事の評価>
    ひとむかし前ですと、製薬会社で、女性社員は仕事ができても男性社員のほうが評価が高かったり、昇進が早かったりしましたが、現在の製薬会社において、女性社員の仕事の評価は高くなってきており、男性社員と同様の評価を受けたり、昇進も、男性社員とほぼ同等となってきています。その結果、女性の管理職が、以前と比較して、どんどんと誕生しています。
    また、製薬会社で女性社員でも、年収1000万円以上を得ている方もたくさんいます。

    ○<男性と比較すると、不利である女性の中途採用事情>
    評価や昇進に関しては、男性と同等になった女性ですが、中途採用の際には、もし同じ能力のある男性が、志望をしていた場合、製薬会社は女性より男性のほうを採用する傾向にあります。その大きな理由は、女性の場合、妊娠、出産や育児のために、退職してしまったり産休を取らなければいけないためです。
    せっかく、長い期間や費用、労力などをかけて、やっと1人前の社員になったのに、妊娠、出産などを理由で辞められてしまうと、会社にとって、費用や労力などが無駄になってしまいますので、かなりな痛手を負うことになります。
    また、その女性社員が優秀であればあるほど、代女性が替がきかないといった問題も起こってきます。従って、業務内容に求められる能力が高ければ高い職務ほど、女性の中途採用は不利になってしまうのです。

    ○<結婚されている女性の中途採用事情>
    結婚されている女性の場合、さらに、中途採用の門戸は狭くなります。その理由として、1つ目は、転勤が難しいことです。結婚されている女性は、夫の勤務地の近い地域で働くことを望みます。そのため、女性社員に転勤辞令が出て、遠方に転勤しなければならない場合、女性社員のほとんどが退職してしまいます。
    具体的には、住居が千葉で、夫が東京で働いている場合、その奥さんが、勤務地、千葉→大阪などの転勤辞令が出た場合、多くの人が、辞めてしまい、千葉から通える他の会社に、転職してしまいます。また、夫が転勤で、遠方にいかなければならない場合、夫が単身赴任をする場合を除いて、女性社員の多くが退職してしまします。
    このような点から、結婚されている女性の業務は、限られてきてしまうのです。

    ○<結婚している女性でも、中途採用の求人がある職種>
    前記で高い能力を必要とする職務に関しては、製薬会社の中途採用で女性が不利であることを述べましたが、簡単な業務等についての中途採用は女性社員が退職した場合、代替が比較的容易であることから求人も多くまた採用条件も男女ほぼ平等です。
    ここでいう簡単な業務とは、総務課での庶務的な仕事、雑務、経理部でのデータの管理、工場での品質管理の仕事などがあげられます。
    危険を伴ったり夜間での作業が必要な工場の製造部員や工務部員などの転勤はほとんどありませんが、女性の求人もほとんどありません。

    ○<女性の方が、中途採用の際に、特に注意すべきこと>
    女性の方が中途採用の際に特に注意すべきことは、産休、育休などがあるか、お子さんが小さい方は、残業の有無などについて製薬会社を受ける前によく調べておきましょう。また福利厚生や待遇の面から、なるべく正社員としての採用試験を優先して、挑戦することを勧めます。

ページ上部へ移動する