新聞社には派閥争いとかあるのでしょうか?128view

新聞記者って基本的に実力主義だと思いますが、一般企業のように派閥争いがあるものでしょうか?

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. cswolfs 2016/02/02 22:10

    派閥って大きい組織にしかありませんよね。大手企業とか。大きな組織だと、派閥争いは競争であり切磋琢磨でありますが、小さい組織で派閥争いをしていたらすぐに潰れちゃいますよね。派閥は、利権といううまみがある組織にしか生まれない気がします。

    新聞社も同じで、大手には派閥があるかもしれませんが、うちのような地方紙には派閥なんて大それたものはありません。また、うちにも社会部・政治部・経済部・運動部などがありますが、これもほとんど意味がありません。意味がないというのは、社会部に2年いた後に運動部に回されるなんて人事はざらですから。

    地方新聞社は記者の数が少ないので、例えば「社会部の記者を育てる」といった英才教育を行える余裕がないんです。そんな私からすると、派閥って格好いいなあって感じですね。

  2. ulPrimal 2016/01/25 20:24

    記者は実力勝負です。そして、実力とはスクープの数で測られます。非常にフェアな競争です。派閥で偉くなった記者は、いない、とは言いませんが、本流には残れないでしょう。

    読売・朝日・毎日・日経の大手4社は、新人記者を地方に配置します。そこで、地方新聞社と闘い、スクープをモノにした記者が東京本社に上がれます。

    地方議員の汚職事件を例に取ります。大手新聞社の記者は、2~3年で転勤してしまいます。一方、地方新聞の記者は、ずっとその土地にいます。当然、議員にも人脈があります。そのハンデを乗り越え、地方新聞に先駆けて議員汚職を報じたら、それは「実力のある記者」となります。

  3. ajOFFspring 2016/01/23 8:21

    派閥ねえ。まあ、派閥で仕事をする記者の書いた記事は、大したものじゃないわな。
    これを逆から見ると、大した記事じゃないのに大きく扱われている場合、その記者は派閥でうまく出世しているってことだな。
    でもそれって、一般企業でも同じことが言えるんじゃないか。

ページ上部へ移動する