起業したい大学生です。ベンチャーキャピタルの実態について教えてください。120view

現在、大学生ですが起業を考えております。そこで、ベンチャーキャピタルの実態について教えてほしいです。例えば、案件ごとにベンチャーキャピタルはどの位儲けているのか気になります。
後、仮に私の様な学生がベンチャーキャピタルから支援を受けるにはどうすれば良いですか?簡単でいいので教えて下さい。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. vdhiruta 2016/06/14 15:20

    まず、ベンチャーキャピタルの実態から。
    投資家や事業会社、投資ファンドからの資金提供を受け、出資やその他支援を通じて、支援先企業をバックアップし、成果(新規株式公開や公開に至らなくとも十分な利益が取れる場合)が出た場合に我々ベンチャーキャピタルが成果報酬(ストックオプションや金銭等)を頂戴すると言った形となっています。しかしながら、成果報酬よりも基本的には固定収入にあたる、管理報酬や投資家からの手数料収入がベンチャーキャピタルの大きな柱となります。そのため、成功報酬ももちろん大切ですが、長期間での案件の固定報酬の方がベンチャーキャピタルとしてはおいしい場合もあります。

    ご質問にあった、案件ごとでどのくらい儲けているのですか?と言う質問ですが。
    一概に金額をお伝えできませんが、ざっと数百万単位のものから数億以上の案件もあります。固定報酬・手数料収入だけでも数億規模になることもありますので、一概にこの位儲かりますよとはお伝え出来ません。ですが、案件に関わる人数から見ると収益率は他業種に比べ良いと思います。

    学生さんがベンチャーキャピタルから支援を受けるにはどうしたらいいですか?と言う質問ですが。
    皆さん、意外と原始的ですが、ベンチャーキャピタルの会社ホームページから問い合わせや電話を直接してくる経営者の方が多いです。他のアクションとしては、ベンチャーキャピタルが主催するベンチャーコンテスト等でベンチャーキャピタルの目に留まった場合に、こちらからコンタクトをとるといったこともあります。ベンチャーキャピタルのコンテストはハードルがかなり高いと感じており、私が従事していた会社はIT企業の受賞が多く散見された様に感じます。
    他のベンチャーキャピタルにおいても、50%程はIT系の企業に支援をしていると聞いたことがありますが、IT系以外の業種であれば、特許関連のものづくりや、バイオ関連の研究が比較的ベンチャーキャピタルからの支援を受け易い傾向にあると思います。
    また、ベンチャーキャピタルによっても得意分野不得意分野があり、IT系企業専門や、ものづくり専門で支援を行う会社・政府系機関等、一応住み分けは行われている様に感じています。

    とにかく、ベンチャーキャピタルは、経営者の質を重視していますので、軽率な行動や言動には注意してください。担当者はかなり細かいところまで観察しています。例えば、話しがまとまり契約を締結するまでに、高額な買い物を行ったり、引っ越し等の不要不急な事をすると一瞬で破断する可能性があります。これは、支援した後で、経営者が個人的な事で浪費するのではないか?等の悪い印象を与えてしまう為です。もし支援を受けたい場合は、本当に注意して下さい。
    ベンチャーキャピタルは、支援先が破断した場合も返済義務を経営者に課さない為、最善のリスクヘッジを行っています。このことを頭の片隅にでも入れておくとおのずと行動も変わってくると思いますので、常に見られていると思っておいた方が良いです。

    ベンチャーキャピタルが支援しても株式の新規公開上場に至る企業は5社に1社と言われているのが現状ですので、仕事に対する情熱を持ち未来への夢をもって仕事に従事して下さい。

ページ上部へ移動する