生保業界の年収相場(国内・外資含めて)42view

生保業界の年収相場ってどんなもんでしょうか。今業界研究中です。国内・外資で違うと思いますが詳しい方教えて下さい。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. aina-razts 2016/09/21 12:23

    ■国内生保会社営業職は基本給が保証されている安心感がある

    「営業実績をあげているか?いないか?」によってこれほど大きく年収が異なる営業職はない、といわれているのが生保業界の営業職です。

    国内生保会社に多い自社社員としての年収、外資系生保会社に多い代理店契約としての年収はまた違いますが、まずは自社社員としての例からあげていきましょう。

    各社により詳細は異なるのですが、いずれの生保会社においても「基本給」とされる一定額を、毎月ノルマ達成を条件として保証しているところが多いです。手取りにすると12万円~14万円ほど(首都圏の生保営業・一番多い一般営業ランクの目安手取り額。勤務地や営業ランク(資格)によって違いあり)。

    このベースとなる基本給に、資格や成績手当、営業ランク維持手当などがプラス。資格は1万円~5万円ほどですが、成績手当や営業ランク維持手当が大きいです。実績がこれほど給与に反映される業界・職種もめずらしく、まったくの未経験者であっても実績さえあげ続ければ年収1,000万円以上にもなるほど。平均にすると350万円~400万円ほどです。

    逆にいうと、実績があがらなければ給与は大きく下がります。給与変動が激しい職種であること、働きだしてからすぐに高い給与をもらえるようになるのはむずかしいことから、特にひとり暮らしの人ほど貯蓄を持った上で働きだすと安心です。


    ■外資系生保会社営業職はすべてが実績重視だが報酬還元率が高い

    対して、外資系生保会社の多くが採用している代理店契約を結ぶ営業職(ファイナンシャルプランナーと呼ばれることが多い)の場合、すべてが実績重視です。

    国内生保会社のように、毎月最低限のノルマ達成をすれば基本給が保証される制度はなく、「実績をあげた分だけパーセンテージで報酬還元」という考え方。育成制度なども自社社員採用と比べてないため、外資系の場合、即戦力でないとより一層通用しない傾向があります。

    ただし、中間マージンや人件費などを削減していることから、報酬に還元される率が高いのが代理店制度の外資系生保会社です。たとえば、国内生保会社で500万円の年収を稼ぐ実績をあげる営業が同じ実績を外資系生保会社であげるとすると、およそ1.5倍~1.8倍の年収になるといわれているほど。2,000万円以上の年収になる営業も多くいます。


    ■管理職やバックオフィス部門は高め安定傾向

    実績手当が大きい営業以外の管理職やバックオフィス部門は、全体的に年収は高めで安定している傾向があります。

    全体での正社員平均年収は、新卒入社の20代後半で450万円~、30代になると600万円~が相場です。管理職は担当部門にもよりますが、ほぼ1,000万円~の傾向が多いです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する