新聞社の中途採用の職種64view

新聞社の中途採用の職種はどんなものがありますか?業界のかた教えてください。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. riyu-ngey 2016/06/02 19:21

    新聞社で中途採用が実施されるのは、基本的には編集部門です。

    取材記者をはじめ、写真記者や整理記者、デザイン記者、校閲記者、書誌編集です。公正を手掛ける校閲記者やデータベースなどを扱う書誌編集については、アルバイトや派遣社員で対応する新聞社が増えています。

    取材記者は、事件事故から行政、文化、著名人インタビューなど、あらゆる取材をして、記事を執筆する仕事です。新卒採用でも中途採用でも、基本的には全国各地にある支局や通信部勤務を経てから、本社勤務になります。本社でも社会部や政治部、経済部などさまざまな部門があり、本人の希望と適性によって、配属が決まります。

    写真記者は、本社に勤務しながら、仕事を覚えていきます。ある程度の経験を積んだ後は、多くの新聞社で、報道(ニュース)部門とスポーツ部門に分かれ、専門性を高めていきます。また、写真記者も5年目以降は、地方支局での駐在勤務を経験することが多いです。

    整理記者やデザイン記者は本社勤務です。整理記者は、出稿されてきた原稿をレイアウトして見出しをつけます。デザイン記者は、記事に添える地図やイラスト、情報やデータをまとめたインフォグラフィックスなどを作成し、紙面をわかりやすく構成します。芸術系の専門学校や大学などで学んだ経歴やデザイン関係の職務経験がいかされます。

    「新聞社への転職=編集部門」というのはどの新聞社でも言えると思います。

ページ上部へ移動する