中途採用でウェディングプランナーになります!心構えやアドバイスをください74view

28歳女性です。大学を卒業してからずっと事務職をしていたのですが、以前から憧れていたブライダル業界で仕事がしたくて思い切って辞めました。
プライベートで結婚はあまり考えていません。それより、仕事をバリバリやって自分自身成長したいと思っています。
ウェディングプランナーの募集はすぐに見つかり、幸運にも中途で採用が決まりました!

面接のときに、結構ハードな仕事だし不規則な生活になるかもしれないとは言われましたけど、憧れのウェディングプランナーの仕事ができることがもう嬉しくて嬉しくて、今やる気満々です!
そこで、先輩プランナーさんにお伺いしたいのですが、プランナーになるにあたっての心構えや何かアドバイスがあれば、教えて頂けませんか?どうぞよろしくお願いします。

年収600万以上・残業なしなど好条件求人多数!

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. 3maclaurin 2016/11/01 1:21

    採用決まってよかったですね。おめでとうございます。
    うーん、憧れとやる気だけじゃ乗り越えていけない気がするのは僕だけか・・・?
    プランナー歴2年ですが、最初のモチベーションが早くも切れかかっております(笑)
    こんな僕がアドバイスするのも何ですけど、仕事に慣れてきたり、最初のモチベーションが下がってきた頃が一番ミスが起きやすいです。常に気を引き締めておくこと。
    (これ自分にも当てはまるわ・・・気をつけよう。)

    あと、最初は難しいと思いますが、仕事の優先順位をつけて、順番に仕事してったほうがいいですね。年に何組もの婚礼を担当して、しかもすべてを同時進行していかないといけないから、何となく仕事してたら頭の中ぐっちゃぐちゃになってミスが起きやすくなりますよ。
    僕は「今日中に必ず終わらせること」を出社したら全部紙に書きだしてパソコンに貼って、優先順位の高い順に仕事終わらせるようにしてます。だらだらするより、仕事の効率も上がるんで残業も減りますよ。

  2. occurrence-12 2016/10/31 15:54

    ウェディングプランナーになれてよかったですね~!おめでとうございます。これからワクワクですね。華やかな仕事に見えてるかもしれませんが、仕事内容は結構地味だったりしますよ・・・!

    アドバイスですか~。う~ん、そうだな、聞き上手になるということかな。
    新郎新婦が結婚式にどんなイメージや希望を持っているかとか、いろいろ打ち合わせしながら進めていかないといけないけど、聞き上手じゃなかったらダメだと思いますね。
    こっちの提案ばっかり話してたら営業されてるみたいで、相手も引きそうになるからね。
    あ、私の失敗談なんですけど。
    新郎新婦との間に温度差あると、仲良くなれないですからね。

    たまに、「えっ!?」って正直感じてしまうような演出をしたいと言い出す新郎新婦もいると思います。返答に困ってしまう経験、たぶんどのプランナーさんも経験しているのでは?
    そこも、笑顔で受け入れて、別の何かをさりげなく勧めるみたいな・・・
    私が担当した新郎新婦で、人間が入れるくらいの大きな風船の中に入って、ジャンプしながら入場したいという人がいましたよ。内心、「いやいやいや・・・余興ならともかく。ドレス踏んだらアナタこけますよ!ってかジャンプって!?」と思いながら、よくよく話を聞くと、誰もやったことがないようなパフォーマンスをしてゲストを驚かせたいとのこと。
    とりあえず、「お気持ち分かります。でも風船の中でジャンプしながら進むのはドレスを着た新婦様にとって少し危険かもしれないですね~。ゲストがびっくりしそうな別の入場法を一緒に考えませんか?」と笑顔で別の演出を提案しました(笑)
    えっ!?って心の中で思っても顔に出さないでなんでもよく聞いて、共感してあげることが一番大事かな~と思います。

  3. cobbett 2016/10/31 0:41

    おめでとうございます!願っていた職種につけてよかったですね。

    私は今、ホテルのウェディングプランナーをしています。心構えやアドバイスが言えるほど立派じゃないんですけど、これからウェディングプランナーになる人に一言伝えたいことがあるとすれば、
    「何ごとも、深刻になりすぎない」ということでしょうか。

    ウェディングプランナーの仕事は、幸せのお手伝いができて、感謝もされ大きなやりがいを感じることができます。それは素晴らしいことですが、それと同等の責任とプレッシャーが一人の肩にかかってきます。
    当日は他のスタッフとも協力して進めていきますが、全体の動きを把握して指示を出していくのはキャプテン(担当のプランナー)の仕事です。どんな小さなミスも許されないし、うっかりしてた!なんてありえないことです。
    私たちは年に何件も担当を持ちますが、新郎新婦にとっては、たった一人の担当のプランナーになりますから。

    この仕事を始めると、途中、プレッシャーや仕事の多さに嫌気がさして、最初のやる気もモチベーションもだんだん無くなってきて、苦痛に感じてしまうことが誰しもあると思います。
    何でも深刻に悩んでしまいそうになることがあると思うので、先ほどの言葉をおくります。
    仕事は真剣にやらないといけませんが、深刻になると辛いです。

    プランナーは、学ぶことも多いし、感動的な場面にたくさん出会える仕事です。
    頑張ってくださいね!ご活躍をお祈りしています。

ページ上部へ移動する