システムエンジニアのキャリアプランについて73view

文系出身でweb制作会社に就職し、4年目の男です。
web制作会社にてプログラマをしており、最近は設計にも加わる機会が出てきました。私自身は未経験で就職をし、新人研修で初めてプログラミングを覚えたほどのド素人なのですが、三年目あたりからプログラミングに楽しさを覚えるようになりました。
それと同時に、システムエンジニアとしてのキャリアプランについても悩み始めています。

私は現在、ほとんどの仕事がコーディングです。
上司から渡された仕様書通りにプログラムを書き、仕様書道理の動きをするかどうかテストを行い、テスト結果に問題があればすぐに修正してテストをし...次のプログラムに取り掛かる。
上司に指示されるがまま動き回って毎日を過ごしています。
設計を行うのはごく一部で、プラグインは何を使おうかとか、ここスクリプトでやったほうがいい?とか上司が困っている時だけ口を出せる状態です。
私も積極的に設計に参加したいと思ってはいるのですが、ディレクター連中はwebデザイナー上がりだからなのか、プログラミングしかできない私の意見をそこまで尊重してくれないようです。
簡単なwebシステムを担当することが多く、正直一人でも構築できるようになってきている自覚もあります。
そこで、今後のキャリアについて、設計もできるようになるため、システムエンジニアとしてシステム会社へ転職をするか、webデザインやフロントエンドの知識を勉強してweb制作会社でディレクターを目指すかの2つで悩んでいます。
web制作の現場ではあまり高度なプログラミングを要求されないため、やはり他社でも制作にいるうちはプログラマーとしての技術は生かせないのでしょうか。

また、システム会社の業務は厳しい案件が多いと聞きます。web制作とはどの程度の差異があるのか、またweb制作はディレクターという立ち位置がキャリアアップ先として一般的ですが、システムエンジニアの場合はどんな役職があるのでしょうか。教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. bias975 2016/10/03 1:37

    web系に特化したシステム会社から、webデザイン会社に転職し、現在友人と独立中のエンジニアです。私はシステムエンジニア、友人はwebディレクターの出身ですので、いい感じにお答えできるかもしれません。笑

    まず、制作会社ではどんな会社でもプログラミングはそんな深くはやらないのか、ということについてですが、答えはNoです。
    会社によって得意分野というのがあります。もちろんLPなんかばっかり安く大量生産したりする制作会社にはほとんどプログラマーなんていりませんが、少し高度なオーダーメイドのECサイト構築とか、自社サービスサイトなんかを持っている会社ではプログラマーという人員は非常に大切にされるでしょう。
    とはいえ、確かにweb業界はデザイナー上がりがなぜかちやほやされますからね。エンジニア上がりでwebディレクターとしてやっていくにはデザインの知識とかヒアリング能力は身に着けておく必要があります。

    さて、web制作とwebシステム会社の違いについてですが、会社によっては限りなく等しいとも言えるし、全く違うとも言えます。
    一般的に異なるとされている点は、システムの規模によるところでしょうか。
    web制作会社は、ページを作ることに重きを置いていて、システム会社はシステムの安定性、安全性に重きを置いているともいえるかもしれません。
    たとえは、web制作会社にて業務システムなんかの構築をお願いすると、機能から、ブラウザに映る画面のモックを作って、この画面がいくつでいくらと見積もりし、制作が完了した時点で受け渡してハイ終わり、というパターンが多いです。

    対してシステム会社に同じものを構築させた場合、この機能はどうするとか、これの実装方法はブラウザを解す方法とアプリ画面を作る方法があるけどーとか、セキュリティ面での考慮はどの程度するかとか、データベースの容量とスピードがどうだとか、そういった「仕様」をかなり深くまで詰めて、設計書のブラッシュアップを繰り返しながら開発が進んでいきます。
    テストもしっかりテストケースを作り、制作の人間が信じられないほど行います。
    これらそれぞれの特色より、web制作会社は「早く、安く、きれいにホームページ(アプリ)を制作する」、webシステム開発会社は「しっかりしたシステムを一緒にじっくり作る」という違いがあると私は思っています。
    プログラムであったりとか、システムについての知識を深めるにはシステム会社に飛び込んでみることはもちろんおすすめしますが、プログラミングをする時間は減ると思います。その他のテストや設計書のドキュメント作成時間も結構長いですから。
    また、案件が厳しいイメージをお持ちのようですが、それは制作会社と大差はないと思います。
    システム開発会社のほうが納品物に対してうるさくて、じっくり考えて組まなきゃいけませんが、システム制作会社の場合はその分たくさんの案件を持たなきゃいけないわけですからスピード感は制作のほうがあるかもしれません。
    そこに制作とシステム屋でのギャップがあることが多いです。笑
    「このサイト構築するのにこんな時間かかるとかありえねえ。見積もりなんでこんなたけえんだよ」とか、「こんな保守性のないクソコード書いたの誰だよ。だからwebとか言ってるやつらのソースみたくねえんだよな。」とかという、不毛な争いがまあまああります。笑
    一長一短なわけです。制作でもエンジニアでも進みたい方向が見えてから転職で遅くないでしょう。
    システムエンジニアのキャリアについてですが、web制作の場合はディレクターになって独立するとかというのが一般的なのに対し、
    プログラマー⇒チームリーダー⇒マネージャ⇒プロジェクトマネージャーというようなキャリアを積みます。
    はっきり言ってしまえばPMはディレクターと同じで、案件の全体を管理する人員ですが、システムエンジニアのPMは名前が売れるなんてことはないですし、難しいことは「できない」とすぐに言える根性がないと成立しないです。私も一時期だけ経験しましたが、心臓が強くないとやってられません。障害なんか起こした日にゃ生きて帰れるか...

    というわけで、まとめると、
    質問者さんが現在制作会社にいて、楽しいと思えるのであればディレクターになるべく頑張るべきでしょうし、
    エンジニアのほうがそれっぽいからシステム開発に入るというのならそちらがいいのでしょう。

    個人的には、ある程度自分で工夫をしつつ、かつできたものが目に見えて世に出ることがやりがいに感じるので、web制作でエンジニアを極めることをおすすめします。
    給料はシステムエンジニアのほうが絶対にいいですが...

  2. abominable_9zk 2016/10/01 11:12

    エンジニアも制作と同じ。
    ディレクターって名前はかっこいいけど要するにプロジェクトリーダーだから。
    キャリアを積むごとにプログラムなんてやらなくなるから、キャリアを目指すなら、将来独立するならweb制作、一生雇ってもらえてお金の心配もないほうがいいならシステムにするべき。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する