システムエンジニアとプログラマーの違い52view

SIerに転職しようとして求人を見ているのですが、システムエンジニアで募集している会社もあればプログラマーで募集している会社もあります。
私はプログラミングがやりたいのですが、その場合はプログラマーで募集している企業に応募すれば良いのでしょうか?
ただ、システムエンジニア募集なのに、仕事内容にプログラミングやテストが入っていたり、プログラマーで募集しているのに、仕事内容に要件定義や設計と書かれていたりします。
またプログラマーとシステムエンジニアの募集をしているところもあり、応募段階ではどちらを選択するか選べないようです。
基本的に、どちらも受かったらプログラマーとシステムエンジニアはどっちがいいですか?

やっている人教えてください。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. microwave 2016/09/30 0:20

    未経験で入社した場合、ほとんどはテストやプログラミングの工程を担当することになります。なので募集の表記がシステムエンジニアかプログラマーかは特に気にすることはないでしょう。どちらかというと重要なのはその後のステップアップです。

    会社によってプログラミングをある程度経験したら、下請け業者の管理をしたりといったステップアップがある場合があります。
    逆に一番下請けでプロジェクトに入る会社であれば、管理するのは自社の後輩くらいでしょう。この点に関しては入社段階で聞いておいても良いかもしれません。

    これらの用語がわからなければ一度調べてみてほしいのですが、ユーザー系やメーカー系のSIerでは管理側の業務にステップアップする可能性が高いです。
    逆に、独立系のSIerではまちまちです。他の独立系SIerがさらに下に入る会社もあれば、自社が常に一番下という場合もあるでしょう。
    一番下請けの企業が悪いというわけではないのですが、いわゆるブラックと呼ばれる企業はここに位置する場合が多いので、気を付けてください。

  2. Hwkouharar 2016/09/29 12:35

    SIerでプロジェクトリーダーをやっています。プロジェクトメンバーに作業を振って、スケジュール管理したり納品物チェックしたりする立場ですが、メンバーがSEかPGかということを考えたことはないですね。現場に入ってからの期間や個人のスキルに応じて作業を割り振っています。
    また協力会社さんが下につくことも多いですが、同じ会社の先輩が見てくれる環境であれば、その人に割り振りやすいとかもあります。ただその会社の先輩と後輩で現場での役職が違うかはやはり意識しません。担当していただいている作業によって、ミーティングに参加してもらったりとかはよくあります。

    まとめると、SE、PGはあまり差はないが、プロジェクトリーダーになると作業が明確に変わってくるということでしょうか。

  3. mess 2016/09/29 10:59

    自分はSIerの開発現場でプロジェクトやっているんですが、肩書き的なものははっきり言って忘れました。書類によってSEって書いてたりPGって書いてたりよくわからなかったですね。
    前の現場ではPGからプロジェクトに入って、プロジェクトに貢献したらSEに進化するみたいなシステムが採用されていました。
    まあどっちでもやることが変わるってわけでもないし臨機応変です。自分の場合は要件定義も参加しますしテストもやりますよ。あと設計も基本設計と詳細設計があることが多いんで、それを別々の役職のひとがやたりもします。
    別々の役職って言ってもなんかひっくり返ってるみたいなことも多いです。
    基本設計をPGがやって、詳細設計をSEがやっているイメージです。これはさすがになんで?ってなりますね。別にひっくり返るのはいいんですけど、それならそもそも役職というか肩書いらなくないか?と思います。
    肩書なんてこのくらいいい加減なものなので気にしなくていいですよ。

  4. tooth-55 2016/09/29 1:32

    システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)は一応定義上はわかれていますが、その線引きは微妙です。また会社によってバラバラの使われ方をしています。
    まずSEは、一般的に要件定義や設計書の作成を行うと言われています。そしてPGはプログラミングとテストを行うと言われます。
    作業の流れ的には、
    要件定義→設計→プログラミング→テスト
    という流れなので、作業工程としてはSEの方が上位ということになります。
    しかしこれはあくまでだいたいこんな感じということなので、一概には言えません。会社によってSEがテストしたりPGが要件定義したりします。
    SIerを受ける際には実際に確認してみると良いかと思います。

    とりあえずSE、PGという言葉にはこだわらない方がいいです。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する